油かす肥料がくさい!臭いを消すにはどうすればいいの?悪臭対策法

油かすの臭いを消す方法

「油かすを撒いたけどくさい!」「近所迷惑になりそう…」「お隣さんから怒られないか心配…」実は油かすは扱いが難しい肥料!ネットで調べると「失敗した!」という話を良く聞きます。発酵済みの油かすならほぼ臭わないのですが、未発酵の油かすだと悪臭が酷いです。今回は油かすの正しい使い方とニオイを消す方法をご紹介します。




油かすとは?

油かすは名前の通り、植物油をしぼりとったカスのことを指します(菜種や大豆が多いようです)。油粕とも表記されます。有機肥料と言われる自然に優しい堆肥です。

油かすの発酵について

油かすと発酵について

油かすは発酵することで初めて肥料になります。発酵していない状態だと土に吸収されにくく、植物にも負担をかけます。また発酵途中の油かすは非常にくさいです。発酵が進むと吸収されやすくなり、臭いも少なくなります。

園芸店で販売されている油かすは、未発酵の物ほど安く、発酵が進んだ物ほど高くなります。手間と時間がかかっている分高くなるというわけです。油かすの失敗のほとんどは未発酵の物をそのまま使ってしまったためだと考えられます。

油かすの発酵はいつまでかかる?

購入した油かすの発酵具合、季節、環境によりますが、だいたい3週間ほどかかります。多量の土に混ぜたり、地中深く埋めると発酵が早まります。

油かすの臭いを消す方法

ニオイが消えるまで放置する

ニオイが無くなるまで待つ

先ほども説明した通り、油かすは完全に発酵するとニオイが無くなります。発酵が終わるまで待てば何もしなくても解決します。ただし、発酵するまで3週間前後かかるので近所迷惑になったり、虫が湧く恐れがあります。「できるだけ早く何とかしたい!」という方は下記を参考にしてみてください。

地中深く埋める

地中深く埋める

「手っ取り早くニオイを消したい!」という方にオススメです。「臭い物に蓋」効果で物理的にニオイを遮断します。また、土中で油かすの発酵が進み、庭土の栄養にもなります。

ただし、発酵が終わっていない油かすは植物にとって良くないので、植栽の根が触れない場所に埋めましょう。

木酢液、竹酢液を撒く

木酢液をまく

木酢液は木炭を作る際にできる液体です。同様に竹酢液は竹炭を作る際にできる液体です。煙を濃縮したような、濃い燻製のような刺激臭がします。昔から消臭効果、殺菌効果があると言われ園芸に使われてきました。

臭い消しにも効果的、と言われていますがどちらかというと臭いで誤魔化すタイプです。木酢液自体にも強い刺激臭があり、庭に撒くと「野焼きでもしたのか」と思うほど強い煙のニオイがします。臭い消しには下記で紹介するニオワンダーがオススメです。

油かす肥料にはニオワンダーがオススメ

肥料の臭い消しにニオワンダー

油かす肥料の臭い消しにはニオワンダーがオススメです。ニオワンダーはバイオのチカラ(有用微生物)で消臭します。また、薬品を一切使用していないので菜園や畑でも安全に使用することができます(土壌に残留しません)。

ニオワンダーは糞尿臭、腐敗臭に優れた効果を発揮します。肥料のニオイもバッチリ消臭します。生ごみの臭い消し、コンポストの臭い消し、畜舎の臭い消し、動物園の臭い消し、仮設トイレの臭い消しなどで使用されています。

堆肥臭に優れた効果!

悪臭原因菌を抑える

悪臭の原因となるのは「大腸菌」(糞尿臭)、「シュードモナス菌」(腐敗臭)、「黄色ブドウ球菌」(アンモニア臭)の3つです。ニオワンダーはこれら全てに効果があります。ニオワンダーに含まれる有用微生物が悪臭原因菌に対し抗菌活性、阻止円を形成することでニオイを素からブロックします。

ニオワンダーの効果

ニオワンダーの消臭試験の一例です。し尿のようなニオイ(糞、おしっこ)にニオワンダーを投与したところ、24時間でニオイが半減しているのがわかります。また、アンモニア吸着挙動が激減しアンモニア臭を抑制しています。

ニオワンダーの使い方

ニオワンダーの使い方

  • 肥料のみに撒く場合はニオワンダーを5倍希釈し(水で薄めて)、表面がしっとり濡れるぐらい撒いてください。
  • 作物や花が植えてある場合はニオワンダーを10倍希釈し(水で薄めて)、撒いてください。
  • ジョウロや噴霧器で撒くことができます。
  • 有色液ですので、服にかかるとシミになる恐れがあります。
  • 室内では使用しないでください。壁紙等シミになる恐れがあります。
  • 有機肥料(便臭、腐敗臭)の悪臭には効果がありますが、人工的な臭い(薬品臭、洗剤臭)には効果がありません。

まとめ

  • 油かすは名前の通り菜種や大豆の搾りかすのことです。
  • 発酵途中の油かすは糞尿のような悪臭がします。発酵が終わるとニオイが治まります。
  • 発酵前の油かすは安く、発酵済みの油かすは高く販売されています。油かすによる失敗のほとんどは発酵前の物です。
  • 油かすを放置しておいても3週間ほどで発酵が済みます。
  • ニオイに耐えられない場合は地中深くに埋めましょう。
  • 木酢液が臭い消しに効果があると言われていますが、どちらかというとニオイで誤魔化すタイプです。
  • 肥料の臭い消しにはニオワンダーがオススメです。

肥料の臭い消しにニオワンダー