防草シートに付く苔の落とし方!シュッとスプレーするだけ!

防草シートに付く苔 落とし方

雑草対策に防草シートを敷いたけど、シートの上に苔がびっしりと生えてしまった!そんな経験あると思います。日当たりの悪い所や、水はけの悪い場所ではシートの上にも苔が生えてきます。掃除したいけど、スコップでガシガシしたらシートごと破れちゃいそう…。除草剤を撒いてみたけど全然効果が無かった…。そんな方のために簡単手軽な苔の掃除方法をご紹介します。




シートに付く苔には「コケそうじ」がオススメ

防草シートに付く苔には専用駆除剤「コケそうじ」がオススメです。

       

【少ないサイズはコチラ→】コケそうじ濃縮500ミリリットル

【お試しサイズはコチラ→】コケそうじスプレー

コケそうじは名前の通り、苔専用の駆除剤になります。苔全般&地衣類をバッチリ枯らします。液体タイプの駆除剤なので防草シートの上から薬液を撒くことができます。

コケそうじは中性の安全な薬液なので防草シートを傷める恐れがほとんどありません。コケそうじはGSEと呼ばれるグレープフルーツの種子から抽出した成分を主成分にしています。グレープフルーツ種子抽出物は食品添加物にも使用されるぐらい安全です。苔用の除草剤の中には成分の強い物もありますが、コケそうじは安心安全なのでシートの上から撒くことができます。

※土にかえるタイプの防草シートなど特殊なシートの場合は端の方で少量散布し、シミにならないかどうか効果を確認してください。

コケそうじの使用例

防草シートの苔落とし

防草シートの苔落とし

防草シートの苔除去の写真です。このケースではハウス内で鉢栽培をする際に下に防草シート敷いているのですが、水やりの関係で鉢の下に苔染みが発生しています。このままだと湿気が溜まって病気の原因にもなりますし、足元が滑るので作業効率が悪くなってしまいます。

コケそうじを防草シートの上から散布したところ、写真右のように苔染みが無くなりました。

コンクリートの苔駆除

コンクリートの苔駆除

コンクリート表面の苔の駆除例です。緑色の苔がびっしりと生えていましたが、コケそうじを散布したところ右の写真のように綺麗になりました。コンクリート表面のように薬液が流れにくい場所では効果が即効的に現れます。散布から6時間で写真左から右のように変化しました。

ハウスフィルムの苔除去

ハウスフィルム

ハウスフィルムに付いた緑色の苔の駆除例です。フィルムに苔が付くと日光を遮ってしまい、作物の成長を妨げてしまうため掃除を行いました。黒ずんでいたフィルムが右のように綺麗になりました。

コケそうじは安全な薬液ですが、農薬ではないので作物・培土にかからないように注意してください。

外壁の苔駆除

外壁の苔駆除

外壁の電気メーター下の苔を駆除した例です。電気メーター下に緑色の苔がびっしりと生えてしまっていますが、コケそうじを散布したところ1日で右の写真のように綺麗になりました。コケそうじは中性の安全な薬液なので、塗りっぱなしで放置しても壁材が傷むことはありません。塗りっぱなしで良いので手間がかかりません。

雑草用の除草剤では効果がない?

防草シートの上に付いた苔なので、除草剤を撒けば枯れるのではないか?とお考えの方が多いのですが、雑草用の除草剤では苔は枯れません。苔と雑草は体の構造が全く異なるためです。除草剤を撒いても苔だけ枯れずに残ってしまうため、「除草剤を撒くと苔が増える」とまで言われる程です。

苔を枯らすには、苔専用の除草剤や、苔駆除剤「コケそうじ」を使うと良いでしょう。ただし、成分の強い苔専用の除草剤を使うと防草シートが変色する場合があるのでご注意ください。




まとめ

今回は防草シートに付く苔の落とし方についてご紹介しました。防草シートに苔が付くと見た目が汚いのもありますが、滑ってしまう危険や、水を吸ってしまうので虫が湧く恐れもあります。そういった場合には苔専用の駆除剤「コケそうじ」がオススメです。コケそうじは中性の駆除剤のため防草シートを傷めずに苔を落とすことができます。

雑草用の除草剤を使えば苔が消えそうなイメージがありますが、そんなことはありません。苔と雑草は植物としての構造が全く異なるため、苔には全く効きません。苔を枯らしたい場合には苔専用の除草剤をお使いください。

【関連記事】

       

【少ないサイズはコチラ→】コケそうじ濃縮500ミリリットル

【お試しサイズはコチラ→】コケそうじスプレー