レンガに付く白い汚れ、白い粉の落とし方!掃除方法ご紹介!

レンガ 白い汚れ

レンガの壁に白いシミのような汚れが付いている!洗っても洗っても落ちない!そんな経験ありませんか?実はこのレンガに付く汚れ、白華(エフロレッセンス)と呼ばれるカルシウムが固まった物なのです。コンクリートに含まれるカルシウムが溶けだした物で、石のように硬くなっているので簡単には落とせません!酸で溶かして落とすのが最も効果的です!

何故レンガに白い汚れが付くの?

白い汚れが付く原因

そもそも何故レンガに白い汚れが付くのでしょうか?実はこれ、レンガを固定する際に使われているモルタルやコンクリートから溶けだした成分が原因です。白い汚れは以下のような流れで付着します。

  • コンクリート、モルタルに含まれるカルシウムが雨水で溶けだす。
  • 溶けだしたカルシウムがレンガの表面で乾燥して固まる。
  • カルシウムが空気と反応して硬くなる。

つまり、普通の汚れとは根本的に違うというわけです(コンクリートの成分が溶けだすといっても、強度的には全く問題ありません)。このカルシウムは非常に硬いためブラシで擦っても全然落ちません。市販の洗剤でも落とせません。

プロの清掃業者さんは「酸洗い」と呼ばれる酸性洗剤を使って溶かして落としています。

【関連】白華現象(エフロレッセンス)とは?エフロ発生原因について

オススメは酸性洗剤エフロレックス

白い汚れ落としには酸性洗剤の「エフロレックス」がオススメです。エフロレックスはプロの清掃業者さんが白華汚れ(エフロレッセンス)を落とす際に使用している洗剤です。レンガの白い汚れ、コンクリートの白い汚れ、タイルの白い汚れ、インターロッキングの白い汚れなどに使用されています。

白い汚れはカルシウムの固まった物であり、アルカリ性です。エフロレックスは酸性洗剤のため、酸のチカラで溶かして落とすことができます。(一般的に酸洗いなどとも呼ばれています)

エフロを溶かして落とす

商品ページ 品名 規格 価格(税込)
 エフロレックス 1リットル 1リットル
(希釈せずに使用)
 3,394円
 エフロレックス 4リットル 送料無料 4リットル
(希釈せずに使用)
12,960円

エフロレックス使用事例

エフロレックスを使用して白華汚れ(エフロレッセンス)を落とした例をご紹介します。

タイルのエフロ除去の例

タイルのエフロ除去

タイルの表面に付いた白い汚れの除去事例になります。タイルを敷き詰める際に間にコンクリートやモルタルを使うので、その影響で白華(エフロレッセンス)汚れがしみ出してきます。レックスを塗って掃除したところ綺麗になりました。

ブロック塀のエフロ除去の例

ブロック塀のエフロ除去の例

ブロック塀の白い汚れの除去例です。ブロック塀は写真のように一部が白く汚れてしまうケースが多く見られます。雨水の通り道に白華汚れが堆積してしまうのです。白カビのようにたっぷり白い汚れが付いていましたが、エフロレックスで掃除したところ綺麗になりました。

浴室のスケール(カルシウム)汚れ除去

浴室のスケール汚れ除去

浴室タイルについたカルシウム汚れの除去例です。水道水の中には微量ながらカルシウムが含まれており、大浴場などでは写真のようにカルシウムが固まってしまう場合があります(スケール汚れといいます)。エフロレックスを使って掃除した所、綺麗に落とすことができました。

【関連】エフロレックスよくある質問

まとめ

今回はレンガに付いた白い汚れの落とし方をご紹介しました。白い汚れはコンクリートやモルタルから流れ出したカルシウムです。これが雨水で溶けだし、レンガの表面で乾燥すると白い汚れ、白華(エフロレッセンス)汚れになります。石のように固くなるのでブラシで擦るだけではまず落ちません。市販洗剤もほとんど効きません。

白い汚れはアルカリ性なので、酸性洗剤で溶かして落とすのがオススメです。プロ向けの強力洗剤「エフロレックス」が一押しです!

【関連記事】

エフロを溶かして落とす

商品ページ 品名 規格 価格(税込)
 エフロレックス 1リットル 1リットル
(希釈せずに使用)
 3,394円
 エフロレックス 4リットル 送料無料 4リットル
(希釈せずに使用)
12,960円