お湯・熱湯でギンゴケは枯れる?危険だから絶対にやらないで!

ギンゴケ お湯

「庭に生えているコケに熱湯をかけると枯らすことができる?」という質問をよく受けるのですが、答えはイエスですが絶対にオススメはしません。なぜならお湯を使った除草は全然効率的ではないですし、非常に危険だからです。お湯を使った除草を体験談をふまえながら解説していきます。(お庭に生える最もメジャーなコケをギンゴケといいます。)

お湯、熱湯でギンゴケは枯れるの?

枯れます。熱湯をかけるというのはバーナーで草を焼いているのと同じですので、ほとんどの植物は高温で枯死してしまいます。非常に即効性のある駆除方法なのは間違いありません。

熱が伝わらないと枯れないので効率は悪い

ですが、当然ながら熱が伝わらないと枯れません。例えば、地中の深い所や、排水溝の隅、コンクリートの割れ目など、細かい所に生えたコケを枯らすには大量のお湯が必要になります。また、除草剤のように霧状にスプレー噴霧もできませんので決して効率的とは言えません。大量の熱湯を持ち運びするのは危険ですし、重量もあるため、効果的な除草方法とは言えないでしょう。

お湯、熱湯を使った除草は大変危険なので絶対にやめましょう!

熱湯で火傷するリスクもある上に、撒ける範囲も少ないので絶対にオススメしません!

そもそも、熱湯を使った除草で一番気を付けなければいけないのは火傷です。ひっくり返してしまうと大怪我に繋がる危険性がありますので、除草剤よりも大変危険な方法と言えます。

筆者も一度、熱湯を使ったギンゴケの駆除を試したことがあるのですが、「大変危険なので全然割に合わないな」というのが正直な感想でした。料理の最中に残った下茹での残り汁を使ったのですが、鍋を持ったまま履物を履いたり、玄関の段差を越えたりするのは結構大変ですし、万が一ひっくり返してしまったら大怪我につながります。また、床や壁にこぼしてしまったら高温で変色してしまうためリスクばっかりが目立ちます。

上で書いている通り、鍋一杯分のお湯で駆除できる雑草の量もほんの僅かですので「苦労の割に全然効果が無い」といった印象でした。

茹で汁に含まれる塩が土壌に残留する恐れがある

ほとんどの方は、「茹で汁に使った残りを庭先に捨てる」といった使い方を考えていると思います。茹で汁というのは塩を使った物が多いですよね(野菜の下茹で、パスタの下茹でなど)。実は塩というのは土壌の中で全く分解されないのです(雨水で徐々に流れていきます)。土壌中の塩分濃度が高まると、植物はおろか生物も生きられなくなります。植栽を植えようと考えている人は十分に注意してください。また、建物の基礎、コンクリートの鉄筋、地下の配管などは塩で腐食が進みますので劣化を早める原因にもなります。

このように、土中の塩分濃度が高まるとデメリットしかありませんので茹で汁は撒かない方が良いでしょう。

参考→ギンゴケは塩で枯れる?危険なので絶対に庭に撒いちゃダメ!

お湯、熱湯をまくと土中の有益な微生物も殺してしまう

お湯は高温で植物を破壊しているため、当然生物にも影響を与えます。土中に生息している昆虫やミミズ、微生物などの有益な生き物も殺してしまいます。ギンゴケ駆除後に植栽を植える予定の方は十分に注意しましょう。

まとめ

お湯、熱湯は鍋一杯分では駆除できる範囲が狭いですし、ひっくり返した時に大怪我をしてしまう恐れがあるので絶対にやめましょう!リスクばかりが大きくてメリットがほとんどありません。大怪我することを考えたら除草剤の方がよっぽど安全です(除草剤がちょっとぐらい体にかかってもただち影響はありません)。また、茹で汁に含まれる塩分も土壌にとっては良いことは全くありませんので、塩を含んだ熱湯を撒くのは避けましょう。

ギンゴケはどうやって枯らせば良い?

ギンゴケを枯らすには苔専用除草剤がオススメです。雑草用の除草剤では(苔は体の構造が全く異なるため)ほとんど効きません。それどころか、雑草が枯れてその分ギンゴケが繁殖してしまいます。そのため、苔専用除草剤を使うと良いでしょう。

筆者も色々な苔専用除草剤を試してみましたが、その中でもゼニゴケ専用コケそうじという除草剤がオススメです。ゼニゴケ専用と書かれていますが、ギンゴケにも良く効きます。コケそうじはバッチリ枯れるのはもちろん、即効性があるのが大きなポイントです。筆者も実際撒いてみましたが3日程でギンゴケが枯れました(他社製品だと枯れるまで一週間~二週間かかるものもありました。)実際に撒いてみた様子を↓の記事でも紹介しています。

参考:ギンゴケ駆除には「除草剤コケそうじ」が絶対オススメ!