庭の五葉松が枯れそうなのですがどうすれば良いですか?

※このページでは庭木の五葉松に関する知識を記述しています。盆栽の五葉松については触れていないのでご注意ください。

「五葉松の元気が無い…」「葉色が悪い…」「茶色い葉が目立つ…」松が不調になる原因は様々です。「マツノザイセンチュウ」による被害でなければ改善できる見込みがあるので諦めずに対処しましょう。活力剤で樹勢を保ち、免疫力をあげるのが一番オススメです。




松が不調になる原因

松の不調

松が弱ってしまう原因は様々です。

  • マツノザイセンチュウ(松くい虫、松枯れ)
  • 病気(葉ふるい病、すす葉枯病、赤斑葉枯病など)
  • 害虫(アブラムシ、ハダニ、カミキリムシなど)
  • 剪定が強すぎる
  • 肥料不足
  • 肥料のやりすぎ
  • 水不足
  • 水のやりすぎ
  • 表土の踏み固めによる酸欠
  • 排気ガスの影響
  • 深植え
  • 除草剤の撒きすぎ

この中で最も気を付けなければいけないのがマツノザイセンチュウです。これ以外の症状であれば回復できる見込みがあります。しかし、枯れの原因を見つけるのは非常に難しく、プロの造園業者や樹木医でも見誤ってしまうほどです。

慣れてない人が樹勢を回復させたい場合は、「活力剤などで元気にし、免疫力を強く保つこと」がオススメです。病気でないのに農薬を撒いたり、害虫がいないのに殺虫剤を撒くと逆効果になってしまうからです。

まずマツノザイセンチュウの確認を

松の病気で最も恐ろしいのがマツノザイセンチュウです(松くい虫、松枯れとも呼ばれます)。マツノザイセンチュウは症状が現れる頃には手遅れになっているケースが多く、枯れ始めるとほとんどの場合助かりません。

マツノザイセンチュウの原理

マツノザイセンチュウの原理

マツノザイセンチュウは名前の通り小さな線虫です。線虫が松の中で繁殖し、松の血管(水や栄養の通り道)を詰まらせて枯れを引き起こします。マツノザイセンチュウはカミキリムシを媒介にして松に感染します。弱っている松ほどカミキリムシに食害されやすいので常に樹勢を強く保つように心がけましょう。(丈夫な松は松ヤニを出してカミキリムシの食害を防ぎます。)

マツノザイセンチュウの症状

マツノザイセンチュウの症状

  • 葉が短期間(1~2か月)で急激に赤褐色に変化する。
  • 一部だけでなく、全体的に変色する。
  • 小枝を折って松ヤニが出ているかどうか確認する。マツノザイセンチュウに侵されているとほとんど松ヤニが出ない。

マツノザイセンチュウの症状は非常にわかりやすいです。他の病気ではありえないほど短期間で葉が変色します(赤色または茶色に変わります)。また、病気の枝は部分的に変色するのですが、マツノザイセンチュウの場合は全体が急激に変色します。

最も確実な方法は小枝を折って松ヤニがでているかどうか確認することです。健康な松であれば枝からじっとりと松ヤニが出てきますが、マツノザイセンチュウに侵されている場合、極端に松ヤニの量が少なくなります。

マツノザイセンチュウにかかったら

マツノザイセンチュウにかかったらほとんどの場合助かりません。枯れた松はカミキリムシの寝床になり、繁殖して他の松まで被害が及ぶ恐れがあるので早めに伐採して焼却処分するのをオススメします。

五葉松の樹勢回復には

ツチトコセット

五葉松の樹勢回復には2種の活力剤がセットになったツチトコセットがオススメです。樹木に必要不可欠な7種の微量要素を配合し、水に溶いて与えるので素早く吸収され、樹勢を回復します。「元気が無い」「葉色が悪い」「葉が萎れている」場合に効果的です。

五葉松は基本的に肥料をあまり必要としない樹種なので、元気が無いからと言って施肥するのは逆効果になります。活力剤の方がオススメです。

なぜ樹勢が回復するの?

ツチトコセットは7種の必須栄養素(モリブデン、鉄、亜鉛、マグネシウム、マンガン、ホウ素、ケイ酸)を配合した活力剤セットです。肥料だけでは補給できない栄養分を配合しているので、総合的に樹木の健康を整えることができます。

肥料は樹木にとってご飯やパンのようなものであり、主食にはなりますがそれだけでは栄養が偏ってしまいます。ツチトコセットは野菜、果物、魚、豆といったその他の栄養をまとめたような物だと思ってください。樹木の保水性、病害虫耐性、代謝能力(肥料分を吸収し、循環させるチカラ)を高めます。

ツチトコセットの使用事例

ツチトコセットで樹勢回復した例をご紹介します。

五葉松の樹勢回復

五葉松の樹勢回復

土壌がアルカリ性に偏り、五葉松の元気が無くなっていましたがツチトコセットを与えたところ樹勢が回復しました。松は酸性土壌を好むのですが、ツチトコセットで土壌が中性~酸性に変化しました。

ホルトの木 樹勢回復

ホルトの木 樹勢回復

除草剤の撒きすぎ、微量要素欠乏(ホウ素、マグネシウム)により元気が無くなっていましたが、ツチトコセットを使用したことで樹勢が回復しツヤツヤした葉が増えました。コチラは高木用セットを使っています。

津田の松原 樹勢回復

津田の松原

香川県の有名な景勝地、津田の松原でも微量要素モリブデンが使われています。樹齢600年を超える古木の松のメンテナンスにも使用され、樹勢が回復しました。コチラは高木用セットを使っています。

松の樹勢回復

松の樹勢回復

害虫被害により元気が無くなっていた松ですが、微量要素モリブデンの効果により樹勢が回復しました。コチラは高木用セットを使っています。

リュウキュウマツの健康維持に

リュウキュウマツ

宜野湾市嘉数(かかず)小学校のリュウキュウマツ(シンボルツリー)の健康維持にも、微量要素モリブデンが使用されています。コチラは高木用セットを使っています。

まとめ

  • 松が不調になる原因は「病気」「害虫」「強剪定」など様々です。
  • その中でも最も注意すべきなのは「マツノザイセンチュウ」です。
  • 「マツノザイセンチュウ」にかかった松はほぼ助けられません。
  • 枝を折って松ヤニがほとんど出ていない場合は「マツノザイセンチュウ」の可能性が高いです。
  • 五葉松が弱っている時は活力剤「ツチトコセット」がオススメです。
  • 欠乏しやすい微量要素を補給することで樹勢を回復します。

ツチトコセット