お風呂のカルキ(白い汚れ)の落とし方!除去方法

カルキ汚れ 落とし方

お風呂場に付く白い汚れ、本当に厄介ですよね。カルキ汚れ、水垢、スケール、ウロコ汚れとも呼ばれています。浴室用洗剤でも落ちないですし、ブラシで擦っても全然歯が立ちません。実はあれ、カルシウムが石のように固まった物なんです。カルシウムはアルカリ性なので酸性洗剤を使えば除去することができます。今回はカルキ汚れの落とし方をご紹介します。




カルキ汚れが付く原因

お風呂場の白い汚れ

白い汚れの正体

お風呂場に付く白い汚れは、カルキ汚れとも呼ばれていますが厳密にはカルキではありません(カルキ=水道水やプールに使われる消毒用の薬品)。正確に言うと水道水中に含まれるカルシウムが表面で乾燥して凝固したものです。水滴を毎回丁寧に拭き取れば白い汚れが付くのを防げますが、家族数人で使う浴室ではとてもそんなことはできないと思います。

白い汚れの除去方法

白い汚れの主成分はカルシウムです、カルシウムはアルカリ性のため酸性洗剤で溶かして落とすことができます。しかし、お風呂場の材質によっては酸性洗剤が使えない場所もあるので注意しましょう。例えば、金属の蛇口に酸性洗剤を使うと腐食して変色してしまいます。また、鏡に酸性洗剤を使うと表面が溶けてムラになってしまいます。下地を傷めないように、用途に合わせて適切な洗剤を選びましょう。

床タイルのカルキ汚れの除去方法

床タイルの白い汚れにはレックス

床タイルの白い汚れには酸性洗剤のレックスがオススメです。床は一番多く水が流れるため、白い汚れが凝固しやすい場所です。特に温泉施設などでは写真のようにくっきり白い汚れが付く場合があります。

タイルは比較的頑丈にできているため、強めの酸性洗剤でガッツリ掃除するのをオススメします。酸性洗剤のレックスはプロ向けの強力洗剤なので、白い汚れをバッチリ落とすことができます。

実際にタイルを掃除した様子

レックスで掃除をした場所

実際にレックスで掃除した様子です。比較用に写真の右半分だけをレックスで掃除しています。カルシウム汚れにレックスを塗布したところ、シュワシュワと泡を立てて溶けました。その後、柔らかくなったカルシウムをブラシで擦って削り落としています。掃除をした右半分だけ綺麗になっているのがわかります。

蛇口のカルキ汚れの除去方法

蛇口のカルキ汚れの落とし方

蛇口の白い汚れにはエスカルゴがオススメです。蛇口に酸性洗剤を使うと腐食してしまい、シミになる恐れがあるので普通は使えません。しかし、エスカルゴは腐食防止剤入りの洗剤なので安心して使用することができます。

また増粘タイプなので薬液が液だれしにくく、密着してカルシウムを溶かすのもポイントです

実際に蛇口を掃除した様子

実際に掃除した様子

実際に掃除した様子

実際に蛇口をエスカルゴで掃除した様子です。掃除前はカルシウムの白い汚れがびっしりついていたのですが、掃除後は綺麗に無くなっているのがわかります。エスカルゴを塗布して15~30分ほど放置し、スポンジで擦ったところ写真のように綺麗になりました。

鏡のカルキ汚れの除去方法

鏡のカルキ汚れの除去方法

鏡の白い汚れにはミラくるワンダーがオススメです。鏡は一番傷つきやすい材質ですので、酸性洗剤が使えません。(酸性洗剤を使うと表面が溶けてまだら模様になってしまう場合があります。慣れてない方は絶対にやらないでください)

そこでオススメしているのが研磨剤&ダイヤモンドシートを使った掃除方法です。白い汚れは表面が凹凸になっているのでダイヤモンドシートで削り落とすことができます。研磨剤とダイヤモンドシートの組み合わせはプロの清掃業者も使用している手法です。これらを組み合わせたのがミラくるワンダーです。

実際に鏡を掃除した様子

鏡を掃除した様子

実際にミラくるワンダーを使って鏡を掃除した様子がコチラです。比較用に半分だけ掃除しています。左側が掃除していない面で、右側が掃除をした面です。鏡を水で濡らした後に研磨剤を塗り広げ、ダイヤモンドシートで擦って掃除をしています。ジャリジャリとした感触があり、白い汚れを削り落としている感覚が手に伝わってきます。綺麗に仕上げるには2~3回、ダイヤモンドシートによる拭き作業を行った方がいいかもしれません。




まとめ

  • お風呂に付くカルキ(白い汚れ)は、水道水に含まれるカルシウムが凝固したものです。
  • カルシウムはアルカリ性なので、酸性洗剤で溶かして落とすことができます。
  • しかし、下地の種類によっては酸性洗剤が使えない場合がありますので注意しましょう。
  • 床タイルには酸性洗剤のレックスがオススメです。タイルは比較的丈夫な材質なので、強い洗剤で一気に溶かすことができます。
  • 蛇口にはエスカルゴがオススメです。腐食防止剤入りなので、蛇口(金属)を傷めることなく汚れだけを落とします。
  • 鏡にはミラくるワンダーがオススメです。鏡はデリケートなので酸性洗剤が使えません。研磨剤&ダイヤモンドシートの組み合わせが良いでしょう。

今回はお風呂に付くカルキ(カルシウム汚れ)の落とし方についてご紹介しました。基本的には酸性洗剤で溶かして落とすことができますが、下地によっては酸性洗剤が使えないことがありますので注意しましょう。