玄関・コンクリートにこぼした生ゴミ汁の臭いを取る方法!

生ごみ汁の臭いを取る方法

生ごみ汁をこぼしてしまった!そんな経験ありませんか?特に玄関や、お家周りのコンクリート、ゴミ置き場周辺に汁をこぼしてしまう話をよく聞きます。生ごみを汁をこぼすととにかく臭いが取れない!水で洗っても中々臭いが取れないですよね。特に何日も放置してしまった場合は非常に厄介です。雑菌がコンクリートにしみ込んでしまい全然落ちません。そこで今回は玄関、コンクリートに染みついた生ごみ汁の臭いの取り方をご紹介します。

生ごみ汁の臭い消しにニオワンダー!

生ごみ汁の臭い消しにニオワンダー

生ごみ汁の臭い消し、悪臭対策にはニオワンダーがオススメです。ニオワンダーは酵素菌のチカラで悪臭原因菌の発生・増殖を抑えるバイオ消臭剤です。香りで誤魔化すタイプではありません!

生ごみの臭いが中々取れないのはコンクリートに雑菌・臭いがしみ込んでしまっているためです。そのため、表面を水洗いしただけでは全然落ちません。ニオワンダーは臭いの素に作用し、これをブロックします。

使い方はとっても簡単、臭いが酷い最初のうちは原液1に対して水を2~5加えてよく混ぜ、ジョウロや噴霧器で撒くだけです。臭いが取れたら予防的に250倍に薄めて散布すると効果的です。

ニオワンダーは屋外専用です、室内で使用しないでください!(有色液のため、壁紙やフローリングに色が付いてしまう恐れがあります)。

       

ニオワンダーがオススメな理由!

ニオワンダーがオススメな理由

優れた消臭効果!

ニオワンダーの特徴は何といっても消臭効果です!よくありがちな香りで誤魔化すタイプの消臭剤ではありません。優れた効果の秘密は酵素菌!この酵素菌が生ごみ腐敗臭の原因菌(シュードモナス菌)に作用して、臭いの素から断ち切ります。

帯広畜産大学で消臭試験を行ったところ、シュードモナス菌に対して優れた抑制効果が見られました。また、「腐敗した鮭」「生鮮売場排水」に消臭試験を行ったところ、抗菌活性により優れた消臭効果を示しました。

様々な悪臭現場で活躍!

ニオワンダーはバイオ消臭剤なので有機物由来の悪臭に優れた効果があります。具体的には、生ごみ、腐敗臭、ヘドロ臭、便臭、ペットの糞尿などです。そのため、仮設トイレの臭い消し、汲み取り式トイレの臭い消し、畜舎の悪臭対策、ペットの糞尿対策、動物園の臭い対策、用水路のヘドロ悪臭対策などに使用されています!

ニオワンダーの使い方(生ごみ汁の臭い消し、悪臭対策)

ニオワンダーをジョウロで散布

ニオワンダーを噴霧器で散布

  • ニオワンダーは屋外専用です。室内で使用しないでください(有色液のため、壁紙やフローリングに色が付いてしまう恐れがあります)。
  • 臭いの原因となって生ごみを片付け、軽く水洗い洗いしておきます。
  • ニオワンダー原液を2~5倍に希釈し、ジョウロや噴霧器などで全体に散布します。
  • 臭いの酷い最初のうちは2~5倍希釈で濃く撒いてください。
  • 臭いが消えたあと、予防的に散布する場合は250倍希釈で散布してください。

まとめ

今回は生ごみ汁の悪臭対策についてご紹介しました。生ごみ汁が付いた玄関やコンクリートが臭うのは、臭い・雑菌がしみ込んでいるためです。臭いを消すにはニオワンダーがオススメです。

ニオワンダーはバイオ消臭剤のため、生ごみ汁の悪臭原因菌(シュードモナス菌)に直接作用して臭いを素からブロックします。香りで誤魔化すタイプの消臭剤ではないのでご安心ください。

ニオワンダーの使い方はとっても簡単。ニオワンダーを水で2~5倍に薄め、ジョウロや噴霧器などで撒くだけです。臭いが消えた後に、予防的に250倍に薄めて散布するのもオススメです。

生ごみ汁の臭い消しにニオワンダー