野良猫の糞尿の臭い消し、マーキング対策にはニオワンダーがオススメ

野良猫の糞尿、臭い消し

野良猫の糞尿、本当に困りますよね。何でわざわざウチの敷地内で糞をしていくんでしょうか。また、猫の糞尿は他の動物と比べても臭い!水で洗い流したくらいでは全然落ちません。そこで野良猫の糞尿のオススメ臭い消しについて詳しくご紹介します。また、猫は臭いにとっても敏感なのでマーキングの臭いが突然消えると寄り付かなくなる例もあります。




野良猫の糞尿、臭い消しにはニオワンダーがオススメ!

野良猫の臭い消しにニオワンダー

野良猫の糞尿の臭い消しにはニオワンダーがオススメです。ニオワンダーは酵素菌(バイオ)のチカラで悪臭原因菌の発生、増殖を抑え、臭いを消します。猫の糞尿は土やコンクリートにしみ込むため、水で洗っただけでは落ちません。臭いの原因菌を抑えないといけないのです。

猫の糞尿だけでなく、ニオイがきついとされる牛舎、豚舎、鶏舎、動物園、ペットショップ、ブリーダー宅でも使用されています。水で2~5倍に薄めて、糞尿の臭いがしみ込んだ場所にジョウロで撒くだけでOKです。

ニオワンダーがオススメな理由!

ニオワンダーの効果

消臭効果がスゴイ!

ニオワンダーの一番の目玉は何と言っても消臭効果です!ニオワンダーは猫だけでなく、ニオイがきついとされる牛舎、豚舎、鶏舎の臭い消しにも使われています。これら畜舎の臭いの原因はほとんどが糞尿です。ニオワンダーは糞尿の悪臭対策にかけてはピカイチなのです!帯広畜産大学で行った消臭試験では、ニオワンダー散布から1日でアンモニア臭が半減しているのがわかります。

消臭効果の秘密は酵素菌!酵素菌が悪臭原因菌の発生・増殖を抑えて臭いの素からブロックします。他の消臭剤と違って、香りで誤魔化すタイプではありません!

薬品を使っていないので安心!

ニオワンダーは酵素菌のチカラで消臭するため、薬品を一切使用しておりません。そのためお子様のいるご家庭でも安心して使用できます。帯広畜産大学の安全試験では、ニオワンダーを1000倍に薄めて飲料水として牛に投与し、一週間経過観察を行いましたが影響が見られませんでした。

(全くの無害ですが、酵素を濃縮したものなので原液が目・鼻・口に入らないように注意してください。原液が衣服に付着するとシミになる場合があります。)

ニオワンダーの使い方(野良猫の糞尿、マーキング対策)

ニオワンダーをジョウロで散布

ニオワンダーを噴霧器で散布

  • 糞が残っている場合、これを取り除きます。
  • 有色原液を2~5倍に希釈し、ジョウロや噴霧器などで全体に散布します。
  • 臭いが取れない場合は一週間おきに繰り返し散布してください。

商品を使用した感想 みんなの声

ご利用者様
【一般・個人様】★★★★★
私の家の前にアパートがあり、そこの住民が野良猫にエサを与えるので我が家の敷地が野良猫の通り道になっています。さらに始末が悪いのが、アパート周りはコンクリートなんですが我が家は土の庭のため、猫がウチの庭で糞をしていくのです(猫は土を好むみたいです)。庭先を歩いただけで猫の糞を踏んでしまうような状態です。臭い消しになればと思いニオワンダーを購入し、撒いてみました。臭いはもちろんですが、どうやらマーキング臭?も消えているようで猫が近寄らなくなりました。定期的に散布しようと思います。
ご利用者様
【ペットブリーダー様】★★★★★
取り寄せて使用しましたが、臭いが無くなり効果がありました。私も犬15頭いまして、他社のバクテリア等メーカーに頼まれて使用していますが、「ニオワンダー」が一番悪臭が無くなると思って使用しています。愛犬仲間に全国の本などに出して売りたいと思うぐらいです。

 

より詳しくはコチラ→その他のニオワンダーご利用者様の声

まとめ

今回は野良猫の糞尿対策、臭い消しについてご紹介しました。猫の糞尿は他の動物よりもニオイがきついため、水で洗ったぐらいでは全然落ちません。そこでオススメなのがニオワンダーです。ニオワンダーは牛舎、豚舎、鶏舎、動物園などのニオイがきつい現場で活躍している屋外用消臭液です(糞尿などのアンモニア臭に特に効果的です)。

また、野良猫は一度糞をすると場所を覚えてなんども繰り返し訪れるため、マーキング臭消しにもオススメです。一度臭い消しをすると野良猫が寄り付かなくなる、というケースも数多くあります。

使い方とっても簡単!ニオイの原因になる糞を取り除き、原液を水で2~5倍に薄めてジョウロで散布するだけです。酵素菌が悪臭原因菌の発生、増殖を抑えてニオイの素からブロックします。

野良猫の臭い消しにニオワンダー