お風呂のカビ取りは塩素系洗剤&パック洗いがオススメ!

お風呂の黒カビの落とし方

お風呂のカビ、本当に厄介ですよね。ちょっと目を離すとどんどん増えてしまいますし。さらに時間を置くと根が深くなり落としづらくなります。「洗っても全然綺麗にならないし…」そう思っている方も多いと思います。実はカビ取りにはコツがあるんです、オススメは塩素系洗剤&パック洗いです!




お風呂にカビが発生する原因

お風呂にカビが発生する原因

そもそも何でお風呂にカビが発生しやすいのでしょうか?当たり前のことなんですが、お風呂は高温多湿のためカビが繁殖しやすいのです。そのため、お風呂のカビを予防するのはとても難しいんです。

【カビが繁殖しやすい環境】

  • 温度が20℃~30℃
  • 湿度65%以上
  • 皮脂汚れなどの栄養分があること
  • 十分な酸素があること

こうしてみるとお風呂場はカビ菌にとって最適な環境なんですね。毎日使うお風呂ですから、カビ菌をゼロに抑えるということは難しいでしょう。「毎日お風呂のあとに浴室全体に水をかける」「毎日お風呂のあとに換気扇を回す」などをすれば多少カビの繁殖を抑えられますが、ゼロにはできません。



カビ取りのコツ

カビを綺麗に取り除くにはいくつかのコツが入ります。

黒カビを綺麗にするためには塩素系洗剤!

カビは時間が経つと根が深くなり、黒カビになります。こうなると落とすのが非常に難しくなります。長年放置していてカビが全然落ちなくなった…、というのはほとんどこのパターンです。

そういった頑固なカビ汚れには塩素系洗剤がオススメです。塩素系洗剤は匂いが強く、目にも刺激がありますが、その分効果は強力です。時間が経って根が深くなった黒カビも根こそぎ落としてくれます。ハウスクリーニングなどプロの清掃業者もカビ取りには塩素系洗剤を使用しています。

最近はエコなアルカリ系洗剤も多いですが、優しい洗剤では黒カビは全然落とせません。しっかり落としたいのであれば塩素系洗剤が一番です。

オススメ洗剤はモルドン

そこでオススメなのが塩素系洗剤のモルドンです。モルドンはプロ清掃業者向けに作られた強力洗剤です。プロ向け洗剤なので黒カビも強力に落とします。

カビ取り専用洗剤モルドン

商品ページ 品名 規格 価格(税込)
 カビ取り洗剤モルドン 1リットル  2,778円
 カビ取り洗剤モルドン 4リットル  10,584円

浴室の掃除は普通「カビ取り」と「石鹸カス」の掃除用に二種類の洗剤を使い分けないといけないのですが、モルドンには石鹸カスを分解する成分がプラスされています。つまり、モルドン一つで「カビ取り」と「石鹸カス」の両方を除去できるのです。限られた時間で掃除をするプロ向け洗剤だからこそ、一気に汚れを落とすことができるんですね。

黒カビ汚れにはパック洗いがオススメ!

カビのパック洗い

また、黒カビにはラップやキッチンペーパーを使ったパック洗いがオススメです。黒カビが落ちにくい原因は「根が深くまで張っていること」「洗剤が奥まで浸透しないこと」の二つです。

先ほど書いた通り、カビは放置すると根が深くなり黒カビになります。根が深くなると洗剤が浸透しづらくなるため、落ちにくくなります。長年放置した黒カビが中々落ちないのはこれが原因です。

次に、パッキンやコーキングなど一部の素材には洗剤が浸透しにくいのです。お風呂場でも黒カビが残るのはパッキンやコーキングなどではないでしょうか?こういった素材は水が浸透しにくいため、奥の黒カビまで中々洗剤が届かないのです。

そういった場合に役立つのがパック洗いです。黒カビに洗剤をかけ、キッチンペーパーやラップでパックすることで洗剤をしっかり中まで浸透させることができます。カビは酸素を好みますが、パックをすることで酸素を断つことができるので一石二鳥です。

塩素洗剤&パック洗いで実際に黒カビを落としてみた

それでは実際に塩素系洗剤とパック洗いで黒カビを落としてみます。

浴槽下の黒カビ

浴槽下の黒カビ

今回はこの浴槽下にこびり付いた黒カビを除去していこうと思います。長年放置していたのでびっしりと黒カビが付いています。見ているだけで気が重くなります。

モルドンを水で希釈します

塩素系洗剤のモルドンを使って掃除をしていきます。モルドンは濃縮された状態でボトル詰めされているので、水で三倍に薄めます。塩素の強い臭いと刺激が広がりますので、必ず窓を開けて換気しながら作業を行ってください。また、保護メガネ、マスク、手袋を必ず着用してください。

刷毛を使ってモルドンを塗布します

刷毛を使ってモルドンを直接塗ります。モルドンは効果の強い薬剤ですのでスプレーは使わないでください(目、鼻、口に入る恐れがあり危険です)。また、刷毛を使うことで薬液の節約にもなります。

ラップを貼ります

キッチンペーパーやラップを使って黒カビの上からパックをします。ラップを貼り付けたらその上からもう一度モルドンを塗っておきましょう。パック後は2~3時間そのまま置きます。

パックを剥がし、よく洗い流します

時間が経ったらパックを剥がし、よく洗い流して終了です。モルドンがしっかりと効いていれば、強く擦る必要は無く、軽く洗い流すだけで汚れが落ちます。

時間の経った頑固な黒カビは一度の清掃では落ちない場合があります。その際は、モルドンを使ったパック洗いを2~3回繰り返してください。先ほど述べた通り、カビの根が深かったり、薬液の浸透しにくいパッキンは一度の清掃で落ちない場合があります。しっかりと薬液が浸透するように清掃を行ってください。

清掃後の様子

掃除後の様子

掃除後の様子

コチラが掃除後の様子になります。モルドンを使ってパック洗いしたことで黒カビが綺麗に落ちているのがわかります。新品のようにピカピカになりました!

清掃前と清掃後の比較

清掃前と清掃後の比較

気になったので清掃前と清掃後の写真も比較してみました。清掃前は黒カビがびっしりと付いていましたが、清掃後はバッチリ綺麗になりました。やっぱりこうやって並べてみると綺麗になったのがよくわかりますね!




まとめ

今回はお風呂の黒カビの落とし方についてご紹介しました。カビは発生しはじめなら簡単に落とすことができますが、時間が経って根が深くなると中々落とせません。一般的に頑固な黒カビと呼ばれるのはこのタイプです。こういった場合には塩素系洗剤&パック洗いがオススメです。プロの清掃業者さんも黒カビには塩素系洗剤を使っています。塩素系洗剤を塗って、ラップなどでパックすることでしつこい黒カビも落とすことができます。塩素系洗剤はモルドンがオススメです。

  • カビは発生しはじめなら簡単に落とせますが、時間が経つと根が深くなり中々落とせなくなります。
  • 頑固な黒カビを落とすなら、強力な塩素系洗剤がオススメです。
  • 黒カビに塩素系洗剤を塗り、ラップなどで数時間パックをすると黒カビが落とせます。
  • 落ちない場合は根が深いと考えられるので、同じ手順を2~3回繰り返してください。
  • 塩素系洗剤はモルドンがオススメです。

ハウスクリーニングに依頼するのもアリ

「強い洗剤を使うのは怖い…」「失敗したくない…」「素人じゃ難しそう…」という方もいると思います。そのような場合はハウスクリーニングに依頼するのもアリだと思います。お金はかかりますがプロが掃除してくれるわけですか、『失敗しない』『綺麗になる』というのは魅力です。



ハウスクリーニングはおそうじ本舗がオススメです。ネットから申し込むことができますし、日本全国どこでも対応してくれるのでとっても便利です。また無料で訪問見積りしてくれるので、とりあえず値段だけ確認してみるのも良いかもしれません。