笹を駆除する方法!除草剤で枯らすことができます

笹の駆除方法

放っておくとどんどん増える笹、本当に厄介ですよね!実は笹は全て根で繋がっているため、地上部を刈り取ってもすぐに再生してしまうのです。そこでオススメなのが除草剤です。除草剤は根まで枯らす効果があるので、効率的に笹を駆除することができます。今回は笹の枯らし方をご紹介します。

カセ
もと除草剤販売員のカセが笹の駆除方法をご紹介します。




竹と笹は何が違うの?

竹と笹の違いは「大きさ」と「茶色い皮が付いているかどうか」です。基本的に竹は太く高く育ちますが、笹は細く低く育ちます。といっても背が低い竹も存在しますし、背の高い笹も存在するので大きさだけで判断するのは難しいです。

しっかり見分けるためには「茶色い皮が付いてるかどうか」で確認してください。笹の茎(幹)には薄茶色の皮が付いてます、これが判断材料になります。逆にどんなに小さくても茶色い皮が付いていなかったら竹になります。

今回は笹の駆除がメインなわけですから、背が高いのは竹、背が低いのは笹ぐらいに考えておけばOKでしょう。

【関連】竹の枯らし方

笹の枯らし方

笹は根まで枯らしましょう

笹は根で繋がっています

笹は非常に生命力が強く、刈り取っただけではすぐにまた生えてきます。この生命力の秘密は根っこにあります。笹は「地下茎」と呼ばれる根っこで他の笹と繋がっており、こっちの笹を刈り取っても他の笹から養分を貰って再生してしまいます。笹を枯らすには根ごと取り除く必要がありますが、土ごと掘り返すのは大変な作業です。

笹の駆除には除草剤が効果的

       

そこでオススメなのが除草剤サンフーロンです。サンフーロンはグリホサートと呼ばれる植物の根まで枯らすタイプの除草剤です、笹にもバッチリ効果があります。笹の葉っぱに除草剤サンフーロンをかけると、根までしっかり枯らしてくれます。

【サンフーロンの規格】(アマゾン商品ページへのリンク)

除草剤サンフーロンの使い方

背が低い笹

  1. サンフーロン原液を水で30倍に薄めます。
  2. 噴霧器またはジョウロなどで笹に散布します。薬液は葉から吸収されます。笹の葉にかかるように散布してください。
  3. 2週間~1か月後には笹が枯れ始めます。(笹は生命力が強いため、雑草よりも枯れるまで時間がかかります)
  4. 数か月後に再度確認し、枯れずに残っているようなら再度サンフーロンを散布します。

背が高い笹

背が高い笹は、葉に直接薬液を散布することができません。除草剤サンフーロンは葉や芽から成分が吸収されやすく、幹や根からはほとんど吸収されません。一度伐採して再び葉が生えてくるのを待ちましょう。

切った幹から再び葉が生えてくるので、そこに除草剤を撒きます。サンフーロンを水で30倍に薄めて使いましょう。

太い竹

竹に除草剤を注入する

太い竹は非常に生命力が強いため、除草剤を撒いただけでは枯れません。太い竹は幹に直接除草剤(原液)を注入しましょう。

  1. 竹(笹)の幹に電動ドリルで穴を開けます。
  2. 除草剤サンフーロンを原液のまま10~20ml注入します。
  3. ガムテープで封をします。
  4. 半年~1年で竹が枯れます。

【関連】竹の枯らし方

散布する時期

  • 夏の暑い時期が一番効果的です。
  • 春、秋でも十分効果があります。
  • 冬は休眠期になるため、効きづらくなります。

除草剤を散布する時期は夏が最もオススメです。夏は気温が高いので水分を沢山吸い上げるようになり、代謝がよくなります。除草剤が最も効きやすいシーズンです。

春、秋は気温が落ち着いて植物の成長が最も活発になるシーズンです。夏に次いで除草剤が効きやすいのでこの時期でも全然大丈夫です。

冬は植物の休眠期になり、成長がほとんど止まります。この時期に除草剤を撒いても効きが悪いので避けた方が良いでしょう。

散布時のコツ

  • 笹の葉はツルツルしているので除草剤が滑り落ちます。ジョウロで撒くより噴霧器で撒いた方が葉の表面に残るので効果的です。(霧にして散布した方が表面に残ります)
  • 雨が降ると除草剤が流れ落ちてしまいます。散布後、1~2日は雨が降らない日を選んでください。
  • 濁った水(用水路の水など)で希釈すると効果が落ちます。
  • 展着剤(除草剤を水に溶かしやすくする薬)は不要です。
  • 除草剤散布後、半径15m以内に生えてきたタケノコは食べないでください。

伐採業者に依頼する

自分で枯らす方法をご紹介してきましたが、「笹の量が多すぎて作業が大変」、「笹の背が高くて除草剤が撒けない」、「高齢で作業が難しい」、という方もいらっしゃると思います。そういう方は素直に伐採業者に依頼してしまいましょう。お金はかかりますが、伐採から処分まで一括で行ってくれますし、怪我をする心配もありません。お金を払う価値は十分あります。

●伐採・間伐はプロにお任せ!【伐採110番】(公式ページ)

笹の伐採というと、昔は地元業者を探さなければいけないイメージでしたが、今では全国展開している伐採業者がいるので便利です。ネットで受付もしてくれています。特に【伐採110番】がオススメです。全国対応してくれていますし、年中無休で24時間電話受付なので利用しやすいです。ネットでここまで受付がしっかりしている伐採業者って他にいないんじゃないでしょうか。

まとめ

  • 笹は根で繋がっているので、刈り取っただけではまた生えてきます。
  • 除草剤を使えば根まで枯らすことができます。
  • 除草剤サンフーロンがオススメです。
  • 除草剤はジョウロもしくは噴霧器で散布しましょう。
  • 太い竹の場合は幹に直接除草剤を注入しましょう。
  • 除草剤散布後に生えてきたタケノコは食べないでください。

今回は笹の駆除方法についてご紹介しました。笹を枯らすなら除草剤サンフーロンがオススメです。細い笹から、太い竹まで枯らすことができます。