ゼニゴケは塩で枯れる?絶対に塩を撒かないで!本当に危険!

お庭の日陰に生える厄介なゼニゴケ、何とかして手早く処理したいですよね。「雑草や苔に塩をかけると枯れるって聞いたけど実際どうなの?」という質問を受けたことがありますが、塩をかけると枯れると考えている方は多いみたいですね。結論から言うと、庭に塩を撒くのは大変危険なので絶対にやらないでください。何故塩を撒くのが危険なのか?今回は詳しく解説していこうと思います。

庭に塩を撒くのは絶対にやめてください!

「塩をかけると植物が枯れる」「人が食べるものだし安全そう」「子供やペットに害が無さそう」という理由で、除草目的で塩を撒く方が一定数います。庭に塩を撒くのは大変危険なので絶対にやらないでください。では、塩を撒くと何が危険なんでしょうか?次で詳しく解説していきます。

家の基礎、鉄筋、配管などを傷める恐れがある

鉄筋や配管などの金属が塩に触れると腐食してしまう、というのは聞いたことがあると思います。除草目的で庭に塩を撒くと、家の基礎や、コンクリートに含まれる鉄筋、地下の配管などを傷めてしまうのです。これが昔から土地に塩を撒かなかった最大の理由です。建物を早く劣化させてしまうので絶対にやめましょう。

他の植物が育たなくなる

塩は分解されず土壌に残留しやすいため、新しく植えた植物が一切育たなくなります。まさに「不毛の土地」と言える状態になります。降雨などの影響で徐々に塩は抜けていきますが、全く分解されないため土壌に長く残るのは間違いありません。管理が難しくなるため絶対にやめましょう。

河川、田んぼ、畑などの周囲への影響

塩は土壌の中で一切分解されませんが、雨などの影響で徐々に周囲に流れ出していきます。近くに河川がある場合には生態系に大きな影響を与えますし、田んぼや畑などが近くにある場合には作物にも深刻な影響を与えます。農家の方とも大変なトラブルになりやすいので絶対に塩を撒かないでください。

塩でゼニゴケは枯れる?

ゼニゴケに限らず、(海藻をのぞく)全ての植物は塩分濃度が高まると枯死します。枯れるのは間違いありませんが、それ以上にリスクの方が大きいのでやめておきましょう。

塩は除草剤よりも危険!

ほとんどの除草剤は、雑草や植物のみに効くように作らているため、人や動物にはほぼ無害となっています。(近年の除草剤が安全と言われているのは、このように除草剤が植物のみに作用するためです。)

しかし、塩は植物だけでなく河川の魚、土壌中の昆虫や生物までにも影響を与えます。生物への危険度で行ったら除草剤よりもはるかに塩の方が危険なので、「塩の方が安全そうだから」という理由でお庭に塩撒かないでください。

じゃあゼニゴケはどうやって駆除すればいいの?

ゼニゴケの退治にはゼニゴケ専用の除草剤がオススメです。ゼニゴケをはじめとする苔全般は普通の除草剤(雑草用の除草剤)では効かないため、ゼニゴケ専用の除草剤を使用すると良いでしょう。

筆者のオススメはゼニゴケ専用除草剤コケそうじです。ゼニゴケ専用の除草剤は各メーカーが作っており数種類あるのですが、色々試した中でコレが一番効果がありました。なんといっても即効性があり、実際に撒いてみた際には3日程でゼニゴケが枯れました。(他社商品では枯死するまで一週間~二週間ほどかかる物もありました。)コケそうじを撒いてゼニゴケが枯れるまでの様子を↓の記事で紹介しております。

参考:ゼニゴケ駆除には「ゼニゴケ専用除草剤コケそうじ」がオススメ!