洗面台の黒カビの落とし方&掃除方法【オススメ洗剤はコレ!】

洗面台の黒カビ 落とし方

びっしりと黒カビが生えてしまう洗面台。どうしても皮脂汚れが付いてしまうので黒カビが発生してしまいます。見た目の汚らしさはもちろん、いや~なカビの臭いも発生するので小まめに掃除するのが一番です。そこで今回は洗面台の黒カビの落とし方をご紹介します。




塩素系洗剤がオススメ!

黒カビには塩素系洗剤が一番オススメです(プールに入れるような、ツンとした臭いのアレです)。最近では「クエン酸」や「重曹」などの人に優しい掃除方法も紹介されていますが、やはり一番効くのは塩素系洗剤です。

塩素系洗剤の中でもオススメなのがモルドンです。モルドンはプロ向け(清掃業者向け)の強力洗剤です。長年放置してしまったしつこい黒カビにもバッチリ効きます。黒カビの表面を覆う石鹸カス汚れを分解する成分が含まれているのもポイントです。

黒カビ専用洗剤モルドン

商品ページ 品名 規格 価格(税込)
 カビ取り洗剤モルドン 1リットル  2,778円
 カビ取り洗剤モルドン 送料無料 4リットル  10,584円

モルドン使用例

排水口の黒カビ落とし

モルドンを使って洗面台の排水口の黒カビを落とした様子です。排水口周りにびっしりと黒カビが付いていましたがモルドンで洗ったところ綺麗に落ちました。

排水口の中蓋掃除

コチラは排水口の中蓋を掃除した様子です。ヘドロのような黒カビがびっしりと付いていますが、モルドンでつけ置き洗いしたところヘドロが溶けるように消えました。

排水口の中蓋 黒カビ

排水口の中蓋を別のアングルから見た様子です。黒カビがヘドロのようにくっついていて大変気持ち悪いです。

黒カビ掃除の様子

それでは実際にモルドンを使って黒カビ掃除した様子を写真でご紹介します。

モルドンを実際に使ってみます

洗面台の黒カビをモルドンを使って落とします。

モルドンを水で3倍に薄めます

モルドンの原液を水で3倍に薄めます。そのまま使うと効果が強いので薄めて使いましょう。ペットボトルを半分に切って入れ物にすると便利です。

キッチンペーパーを湿布のように貼り付ける

キッチンペーパーを薬液に浸し、排水口(黒カビ)に湿布のように貼り付けます。このようにすることで薬液が流れにくくなり、黒カビに薬液が密着します。この上からラップでパックをするとより効果的です。(黒カビは酸素が無いと活動できないため)

直接漬け込む

汚れがひどい物は直接薬液に浸け込んでしまいましょう。写真では排水口の中蓋をペットボトル容器に入れています。この方法が最も汚れが落ちます。

10分ほど漬け込みます

この状態で10分ほど漬け込みます。モルドンは塩素の臭いがあるので、窓を開けて十分に換気を行ってください。

10分後の中蓋の様子

10分後の中蓋の様子です。漬け込んだだけで真っ白になっているのがわかります。モルドンが黒カビを分解しています。

10分後の中蓋の様子

湿布を剥がした排水口です。湿布しただけで黒カビが消えているのがわかります。

最後にスポンジ洗いをします

最後にスポンジで軽く洗い、水で洗い流したら終了です。

掃除後の排水口

掃除をした後の排水口です。黒カビが落ちてピカピカになりました。

掃除をした後の排水口中蓋

薬液に浸け込んでおいた中蓋も真っ白になりました。ヘドロみたいに付いていた黒カビが嘘のようです。大満足!

まとめ

今回は洗面台の黒カビの落とし方をご紹介しました。黒カビを落とすならやはり塩素系の洗剤が一番オススメです。最近では「重曹」や「クエン酸」といったエコな掃除方法も紹介されていますが、塩素系の洗剤が一番良いでしょう。オススメはプロ向け(清掃業者向け)の強力洗剤モルドンです。時間が経ってこびりついてしまった黒カビに良く効きます。黒カビの表面を覆う、石鹸カス汚れを分解する成分も含まれています。

  • 黒カビには塩素系洗剤が一番効果的です
  • 強力な塩素系洗剤モルドンがオススメです。
  • キッチンペーパーやラップを使った洗剤の湿布がオススメです。

カビ取り専用洗剤モルドン

商品ページ 品名 規格 価格(税込)
 カビ取り洗剤モルドン 1リットル  2,778円
 カビ取り洗剤モルドン 送料無料 4リットル  10,584円