ミカンのオススメ肥料を教えて!時期はいつ頃が良い?

みかん 肥料

ミカンは庭木の代表的な存在です。果樹なので当然、沢山の肥料(栄養)が必要です。肥料不足になると実が付かなくなるので注意しましょう。基本的には有機肥料を年3回(3月、6月、10月)与えます。ミカンのおすすめ肥料、施肥の時期について解説します。




ミカンの年間作業カレンダー

みかんの年間作業カレンダー

ミカンの施肥シーズンは「鉢植え」「庭植え」ともに3月、6月、10月になります。

庭植えミカンの肥料

庭植えの肥料について

庭植えの場合はある程度大雑把に肥料をあげても大丈夫です。土が多いので肥料濃度が極端に傾くことはありません。

肥料を施す時期

肥料を与える時期

3月

気温が安定し、樹木の活動が活発になります。根から栄養を盛んに吸収するのでしっかりと肥料を施しましょう。有機肥料と化成肥料を配合しN-P-Kの成分が8:5:6の物が望ましいですが、用意するのが大変な場合は油かすと骨粉を8:2で混ぜた物がオススメです。(油かすと骨粉を混ぜた物はどんな庭木にも使える万能肥料です。)成木1本につき、400gほど施してください。樹勢が強いものや、実が付かないものはチッソ肥料を減らすと良いでしょう。

6月

花が終わり、果実が肥大を始める時期です。果実の成長に沢山のエネルギーを使うので、疲労回復の意味を込めてしっかりと肥料を効かせましょう。3月と同じく、配合肥料N-P-K(8:5:6)の物か、油かすと骨粉を8:2で混ぜた物を施してください。成木1本につき、200g~300gほど施しましょう。

10月

1年で最も重要な肥料です。必ず忘れずに施してください。実を収穫し、体力を使い切った状態です。この時期に肥料を施すことで疲労回復、翌年の花・実が付きやすくなります。逆に言うと、この時期に肥料を与えないと翌年の花・実が付かなくなります。冬が近づくにつれて休眠状態になり、肥料分を吸収しにくくなるので必ず10月中に作業しておいてください。

この時期は素早い栄養補給、疲労回復が重要です。吸収が早い化成肥料を使いましょう。N-P-Kが8:8:8の物がオススメです。成木1本につき100gほど施しましょう。

肥料の種類

肥料の種類

  • 有機肥料、化成肥料を混ぜN-P-Kを8:5:6にしたもの
  • ↑が難しい場合は油かすと骨粉を8:2で混ぜた物(有機肥料)
  • 秋のお礼肥えには化成肥料のN-P-Kが8:8:8の物を使用してください。

最もオススメなのが配合肥料(有機肥料と化成肥料を混ぜたもの)で、N-P-Kが8:5:6の物です。チッソ成分を多めにするのがポイントです。

上記を作るのが大変な場合は油かすと骨粉を8:2で混ぜた物が良いでしょう。どちらもホームセンターで購入できます。油かすは必ず発酵済みの物を選んでください。未発酵だと臭気がありますし、発酵が進むまで肥料として機能しません。いわゆる「有機肥料」(自然由来の肥料)と言われる物で、植物に優しく、溶け方がゆっくり、栄養バランスが良い、などの特徴があります。多少ならやり過ぎても問題ありません。

秋のお礼肥えには化成肥料(人工的に成分調整されたもの)がオススメです。化成肥料は栄養価が高く、溶けるのが早いという特徴があります。ただし、人工肥料なので栄養バランスが偏っている、溶けるのが早すぎて根を傷める恐れがあるなどの欠点があります。やり過ぎないように注意しましょう。ミカンの場合はN-P-Kが8:8:8の物がオススメです。

樹が弱っている場合には

ツチトコセット

樹が弱っている場合には、活力剤ツチトコセットがおすすめです。肥料を吸収するチカラ、水を吸い上げるチカラ、免疫力を向上させて樹勢を回復します。

樹が弱る原因は様々で、一般の人が特定するのは非常に難しいです。樹が弱ってくると免疫力が低下し、複合的に病害虫に侵されてしまい、さらに弱っていきます。色々な要因が複雑に絡み合うので判断が難しいのです。最もオススメな方法は、剪定を控え、水やりを確認し(水不足、もしくは水のやりすぎ)、活力剤を与えて様子を見ることです。人間で言うところの「栄養のある物を食べて寝る」に近い状態です。

そこでオススメなのが活力剤ツチトコセットです。ツチトコセットはミネラル肥料と活力剤のセットで、植物にとって必要不可欠な栄養7種類をバランス良く配合しています。樹木の栄養バランスを整えることで樹勢回復に繋げます。

(※庭木用です。鉢植えには使用しないでください。)

肥料のやり方

肥料を撒く場所

肥料は画像の赤い場所を目安に10~20cmほど溝を掘って、土と混ぜて一緒に埋めましょう。肥料は根の先端から最も効率良く吸収されます。根の先端は樹冠(葉の茂っている所)と同じぐらいまで広がるので、樹冠を目安に掘ると良いでしょう。幹の近くは細根が無く、ほとんど栄養が吸収されないので避けてください。

地表に肥料をパラパラと撒くと雨風で流れてしまいますし、根が上がって来て浅くなってしまいます。10~20cmほど掘って土と混ぜて埋めるのが良いでしょう。ただし、肥料が根に直接触れると傷めてしまうので、触れないように注意してください(土で十分薄めるなどしてください。)

鉢植えミカンの肥料

鉢植えの肥料について

鉢植えミカンは庭植えよりも難しいです。鉢植えは土が少ないため、肥料をやり過ぎるとすぐに肥料濃度が高くなって根を傷めてしまいます。かといって肥料が少なすぎても果実が十分に育ちません。最初のうちは慎重に施肥しましょう。

肥料を施す時期

3月

樹木の活動が活発になる時期です。肥料をしっかりと効かせて開花、結実に備えましょう。油かす、骨粉8:2で混ぜ、水で練って玉肥えにします(作り方は後述)。親指大ぐらいの大きさにし、7号鉢で3個、10号鉢で4個を目安に置きましょう。鉢の縁にぽんと置くか、半分ほど埋まるように軽く押し込んでください。完全に埋めてしまうと溶けるのが早すぎて根を傷めてしまいます。

6月

花が終わり、実が成長を始めます。肥料を忘れると実が育たないのでしっかりと施しましょう。3月と同じように施肥してください。

10月

実を収穫したらお礼肥えを施してください。果実に沢山の栄養を回しているので疲労状態になっています。しっかりと肥料を利かせて疲労回復させてあげましょう。

この時期に肥料を与えないと体力不足で翌年の実が付かなくなります。施肥が遅すぎてもいけないので、必ず10月中に施しましょう。肥料のやり方は3月と同様です。

肥料の種類

  • 油かす、骨粉を8:2で混ぜた物。水で練って親指大の大きさにし、玉肥えにしましょう。

菜タネ油かす、または綿実かす8に対して骨粉2の割合で混ぜ、水を加えてよく練ります。バケツあるいはビニール袋などに入れて1か月ぐらい放置し発酵させましょう。発酵が済んだ物を親指大に切って玉形に丸めれば完成です。

ここで大切なのは、水を加えて練る際の水加減です。手で握ってみて、指の間からわずかに水が滲む程度が良いでしょう。水が多すぎると発酵しにくくなります。

まとめ

  • ミカンの肥料は3月、6月、10月に施しましょう。
  • 特に収穫の終わった秋の施肥が重要です。忘れずに施してください。
  • 「庭植え」は多少大雑把でも大丈夫ですが、「鉢植え」は施肥の分量を間違えると根が傷んでしまうので慎重に!
  • 油かす、骨粉を8:2で混ぜた物が使いやすくオススメです。
  • 樹が弱っている場合には活力剤ツチトコセットを施すと良いでしょう。

ツチトコセット

(※庭木用です。鉢植えには使用しないでください。)