ギンゴケは塩で枯れる?危険なので絶対に庭に撒いちゃダメ!

ギンゴケは塩で枯れる?

苔の中でも最も繁殖力が強いギンゴケ、どこにでも生えてくるので身近にある塩で除草できれば…と思う方も少なくないかと思います。しかし、塩を使って除草しようとするのは大変危険なので絶対にやらないでください。塩は建物の基礎、コンクリートの鉄筋、地下配管を傷めてしまうので大変リスクが大きいのです。今回は塩を撒く危険性について詳しく解説します。

塩を撒くのは危険だからやっちゃダメ!

「塩をかけると雑草が枯れる」「人が食べる物だし安全そう」「子供やペットにも害が無さそう」と安全なイメージの塩ですが、除草剤よりもはるかに危険なので絶対に庭に撒かないでください。では何故塩を撒いてはいけないのでしょうか?その危険性について下でご説明いたします。

家の基礎、コンクリート鉄筋、地下の配管を傷める恐れがある

金属が塩に触れると腐食してしまいます(錆びてボロボロになってしまう)。そのため、家の基礎や、コンクリートに含まれる鉄筋、地下の配管などを傷める恐れがあるのです。塩は土壌で分解されず土壌に残留しやすいため、家の庭に撒くのは絶対にやめましょう。(雨水などで徐々には流れていきます)

花や作物などが育たなくなる

雑草や苔が枯れるので当然ですが、花や作物、木などの植物も育たなくなります。海辺で植物が育ちにくいのと同じ原理ですね。しかも、上で書いている通り塩は土壌に残留しやすいので植栽が長期間育ちにくくなります。

近くの畑や田んぼに流れると深刻なトラブルになる

塩は土壌中では分解されませんが、雨水によって徐々に流れていきます。この時、一番心配しなければいけないのが近所の畑や田んぼへの影響です。地下水や用水路に塩水が流れると作物に深刻な影響が出てしまう恐れがあります。また、農家の方ともトラブルになるのは間違いありません。ご近所様にも大変な迷惑になるので絶対にやめましょう。

また、近くに河川がある場合は塩水が流れ込んでしまう恐れもあります。河川に塩水が流れ込むと生態系に深刻な影響を与えてしまうのでやはりやめておきましょう。

塩でギンゴケは枯れる?

ギンゴケはもちろん、苔全般、ほとんどすべての植物が塩で枯らすことができます。枯死するのは間違いありませんが、それ以上にリスクが大きいのでやめておきましょう。

塩は除草剤よりも危険?

近年の除草剤は研究が進んでおり、「植物だけに作用して枯死させる」タイプの物が増えてきています。(「人に安全な除草剤」という謳キャッチコピーが多いのはこのためです。)そのため、人や動物にはそこまで深刻な影響が無いものがほとんどなのですが、塩の場合は土壌中の生物や河川の生物まで残らず殺してしまいます。そのため、除草剤よりも塩の方が生態系に与えるダメージが大きく、危険と言えます。

少量であれば人体にも悪影響を与えない塩ですが、大量に撒くと大変危険ですので絶対に撒かないでください。

ではどうやってギンゴケを退治すればいいの?

ギンゴケの退治にはコケ専用除草剤の使用をオススメします。苔は植物の中でも構造が特殊なため、雑草用の除草剤はほとんど効きません。そのため、コケ専用の除草剤を使う必要があります。

筆者も色々な苔専用除草剤を試してみましたが、その中でもゼニゴケ専用コケそうじという除草剤がオススメです。ゼニゴケ専用と書かれていますが、ギンゴケにも良く効きます。コケそうじはバッチリ枯れるのはもちろん、即効性があるのが大きなポイントです。筆者も実際撒いてみましたが3日程でギンゴケが枯れました(他社製品だと枯れるまで一週間~二週間かかるものもありました。)実際に撒いてみた様子を↓の記事でも紹介しています。

参考:ギンゴケ駆除には「除草剤コケそうじ」が絶対オススメ!

ゼニゴケ専用コケそうじ

商品ページ 品名 規格 価格(税込)
 ゼニゴケ専用コケそうじ濃縮タイプ 500ml 1,780円
 ゼニゴケ専用コケそうじスプレー(希釈済) 500ml 848円

※広い場所に使う場合は濃縮タイプ、お試しで使いたい場合はスプレータイプをお選びください。濃縮タイプはスプレータイプと比べて10倍ほどの面積に使えます。
※ゼニゴケ専用という名前になっていますが、ギンゴケにも優れた効果を発揮します。