松の元気がない!樹勢回復するにはどうすればいいの?

松が弱って元気が無い

「松の元気がない…」「松の葉に勢いがない…」「葉の色が悪い、黄色い…」松が弱ってしまう原因は様々です。松は庭木の中でも丈夫な種類と言われていますが、「強剪定」「病害虫」「夏場の日差し」など様々な理由で弱ってしまいます。今回は松の樹勢を回復させる方法をご紹介します。




松が弱る原因

松が弱る原因は様々です。その中でもよく見る例をご紹介します。

強剪定

剪定が深すぎる

剪定が深すぎて松が弱ってしまうケースです。「毎年の剪定が面倒なので深めに切ってしまった」「隣家まで枝が伸びてしまったので深めに切った」という理由が多いです。

樹木の自然治癒能力を超えて深めに切ってしまうと弱ってしまいます。また、切り口から病害虫が侵入するケースもあります(切り口に保護材を塗るのが望ましいです)。

夏の日差し、猛暑

夏の日差し

夏の日差しで弱ってしまうケースです。地球温暖化の影響で年々夏場の気温が上がっているので、この被害が増えています。記録的猛暑になる年は特に注意が必要です。木を元気に保っておくのが一番の対策方法です。

病害虫

病害虫

病害虫の侵入により松が弱ってしまうケースです。「強剪定で松が弱ってしまった所に病気になってしまった」「夏の日差しで弱っていた所に病気になってしまった」など、他の原因とセットになっている場合が多いです。そもそも元気な樹木であれば病気になりにくいですし、樹液(松脂)を出して虫を遠ざけるので害虫にも侵されにくいです。

松枯れ

松枯れ

カミキリムシを媒介に小さな線虫(マツノザイセンチュウ)が入り込み、松を枯らしてしまう症状です。松くい虫などとも呼ばれています。短期間で急激に松の葉の色が変わるので見た目でも判断しやすいです。

葉が枯れ始める頃にはもう手遅れになっていることが多く、回復も難しい恐ろしい害虫です。根本的に解決する手段はなく、木を健康に保っておく(松脂でカミキリムシの侵入を防ぐ)、殺虫剤を撒いておく、枯れ木を撤去しておく(カミキリムシの繁殖場所を減らす)などの予防策が有効です。

松の樹勢を回復させる方法

ツチトコセットがオススメ!

ツチトコセット

松の樹勢回復には「ツチトコセット」がオススメです。ツチトコセットは2種類の肥料で弱った樹木を元気にします。「葉色が悪い…」「葉の元気が無い…」という場合にお使いください。

ツチトコセット

ツチトコセットは素早く樹勢を回復させる「庭木のツチトコ」と、中~長期の樹勢維持に役立つ「健育くん」のセットです。弱った松を「庭木のツチトコ」で回復させ、「健育くん」で長期的に樹勢維持します。

樹勢が回復する理由

樹勢回復の秘密は7種の必須栄養ミネラル (モリブデン、鉄、亜鉛、マグネシウム、マンガン、ホウ素、ケイ酸) です。欠乏しやすい微量要素を中心に配合し、保水性向上、代謝活性効果があります。また、元気になった樹木にモリブデンを与えることで窒素代謝能力を向上させます(簡単に言うと肥料を吸収するチカラを高めます)。モリブデンは中~長期の樹木の健康維持に役立ちます。

ツチトコセットの使い方

ツチトコセットは2種類の肥料を使いますが、どちらも水で薄めて撒くだけなのでとっても簡単です。

内容1:庭木のツチトコの使い方

庭木のツチトコ

庭木のツチトコ 使い方

庭木のツチトコ 使い方

【使い方】

  • 庭木のツチトコ40gをバケツ1杯(6~10リットル)に溶かします。(1パッケージ40g×3袋入りです)
  • 木の幹周りが10cm増える毎に、40gずつ増やしてください。(水の量も同様に増やします)
  • 樹冠の真下(図参照)に希釈液を撒いてください。樹冠の下あたりが根の先端になり、最も栄養を吸収しやすいです。
  • 低木、鉢植え、草花に与える場合は通常の3倍に薄めて使用してください。

ツチトコ使用量の目安

内容2:健育くんの使い方

健育くん

健育くん使い方

  • 健育くん6gを2リットルの水で溶かします。(1パッケージ6g入りです)
  • 希釈液を樹冠(図参照)に沿って撒きます。
  • 使用目安は1年に1~2回です。
  • 草花、鉢植えに使う場合は、希釈液(水2リットルに健育6g)をジョウロに数滴混ぜてご使用ください。(1週間に1回が目安です。)
  • 幹周りが30cm以上の場合は、高木用セットがオススメです。

ツチトコセットの使用事例

ツチトコセットで実際に樹勢を回復した例をご紹介します。

五葉松の樹勢回復

五葉松の樹勢回復

土壌がアルカリ性に偏り、五葉松の元気が無くなっていましたがツチトコセットを与えたところ樹勢が回復しました。松は酸性土壌を好むのですが、ツチトコセットで土壌が中性~酸性に変化しました。

ホルトの木 樹勢回復

ホルトの木 樹勢回復

除草剤の撒きすぎ、微量要素欠乏(ホウ素、マグネシウム)により元気が無くなっていましたが、ツチトコセットを使用したことで樹勢が回復しツヤツヤした葉が増えました。コチラは高木用セットを使っています。

津田の松原 樹勢回復

津田の松原

香川県の有名な景勝地、津田の松原でもモリブデンが使われています。樹齢600年を超える古木の松のメンテナンスにも使用され、樹勢が回復しました。コチラは高木用セットを使っています。

松の樹勢回復

松の樹勢回復

害虫被害により元気が無くなっていた松ですが、モリブデンの効果により樹勢が回復しました。コチラは高木用セットを使っています。

リュウキュウマツの健康維持に

リュウキュウマツ

宜野湾市嘉数(かかず)小学校のリュウキュウマツ(シンボルツリー)の健康維持にも、モリブデンが使用されています。コチラは高木用セットを使っています。

まとめ

  • 松が弱ってしまう原因は「強剪定」「夏の日差し」「水不足」「病害虫」「マツクイムシ」など様々です。
  • 弱った松を放っておくと、複合的に病害虫に侵される恐れがあります。弱っているのに気づいたらすぐに対策しましょう。
  • 松の樹勢回復にはツチトコセットがオススメです。
  • 2種類の肥料のセット(庭木のツチトコ、健育くん)で樹勢を回復します。

ツチトコセット