植木・庭木の手入れ

強剪定で松が枯れそう!樹勢を回復するにはどうすればいいの?

2019年10月7日

剪定で松が弱ってしまった

「松の枝を深く切り過ぎてしまった…」「剪定が面倒なので大きく切ってしまった…」「小さくするために切り詰めてしまった…」松は剪定が難しい樹種です。強剪定で枯れてしまうことも少なくありません。また、樹勢が弱って免疫力が低下すると切り口から病害虫が侵入することもあります。樹勢が弱ったらしっかりとケアしておきましょう。

松は剪定が難しい!

松は剪定が難しい!

松は剪定が難しい樹種です。プロの造園業者でも松剪定をマスターするまでには長い時間がかかります。松は細かい作業が多く「ミドリ摘み」「もみあげ」「透かし」など手間も時間もかかります。慣れてない素人や、詳しくない便利屋さんが適当に切ってしまうと取り返しが付かない事態になることも。

例えば、松の葉が無いところまで枝を切り詰めてしまうと新芽が出ずに、その枝は枯れてしまいます。ある程度葉を残すように切らなければいけません。

強剪定で松が枯れることも

強剪定で松が枯れるケースはよくあります。特にアカマツや五葉松は注意してください。深く切ると当然弱って免疫力が低下してしまいますし、枝の切り口は人間で言う傷口と一緒ですので病気や害虫が侵入しやすくなります。また、切り口は乾燥にも弱くなります。

松枯れに注意!

松枯れ

松の管理で最も注意しなければいけないのが松枯れ(マツノザイセンチュウ、松食い虫)です。松枯れは名前の通り、一度かかってしまうと高確率で枯れてしまいます。ほぼ助からない恐ろしい病気です。

松枯れの原因はマツノザイセンチュウです。目に見えない小さな線虫が松の血管(水や栄養の通り道)を塞いで急激に枯らしてしまいます。マツノザイセンチュウはカミキリムシを媒介にして松に伝染します。カミキリムシは松を食害する際に線虫を移します。

元気な松は松ヤニを分泌して害虫の食害を防ぎますが、弱った松は松ヤニが少なくなり粘り気も無くなります。つまり、弱った松ほど松枯れになりやすいのです。樹勢を強く保ち、免疫力を高めておくのが一番効果的です。

松が弱ってしまった場合は

松が弱ってしまった場合は「剪定」「除草剤」などの負荷がかかる作業を避け、肥料や活力剤を与えて安静にしましょう。

ニワユタカ肥料セットがオススメです

ニワユタカ肥料セット

弱ってしまった松にはニワユタカ肥料セットがオススメです。補助肥料+栄養肥料のセットになっているため、肥料分を効率良く吸収させることができます。また、樹木の必須栄養素10種 (チッソ、リン酸、カリ、モリブデン、鉄、亜鉛、マグネシウム、マンガン、ホウ素、ケイ酸) を配合してるため、栄養バランスを総合的に整えます。

※庭木用ですので、鉢植え、盆栽、草花には使用しないでください。

ニワユタカの使用事例

ニワユタカ肥料セットで樹勢回復した例をご紹介します。

五葉松の樹勢回復

土壌がアルカリ性に偏り、五葉松の元気が無くなっていましたがニワユタカ肥料セットを与えたところ樹勢が回復しました。松は酸性土壌を好むのですが、ニワユタカで土壌が中性~酸性に変化しました。

ツツジの施工事例

ツツジの花芽増加

ツツジへの施工事例です。ニワユタカ肥料セットを使用したところ、株が元気になり花芽が沢山付きました。

もし枯れてしまった場合は

もし松が枯れてしまった場合は早めに伐採しましょう。枯れた松はカミキリムシの寝床になるため、カミキリムシを媒介にマツノザイセンチュウが広がってしまう恐れがあります。健康な松まで松枯れ被害にあってしまうので早めに対策しましょう。

【伐採110番】(公式ページ)

「木が大きすぎて自分で伐採できない…」「伐採業者を知らない…」という方には伐採110番がオススメです。日本全国どこでも対応していますし、ネットから24時間申し込みできるので非常に便利です。ネットは価格競争も激しいのでぼったくられる心配もありません。無料で見積りもしてくれるので、値段が気になる方はとりあえず見積りだけしてみるのもアリだと思います。

まとめ

  • 松は剪定が難しい樹種です。強剪定、切り詰めを行うと最悪枯れてしまう場合もあります。
  • 弱ってしまったら病気や害虫被害などを併発する恐れがあるので、できるだけ早く樹勢を回復させましょう。
  • 特に松枯れ(マツノザイセンチュウ、マツクイムシ)にかかるとほとんど助かりません。
  • 松が弱って松ヤニが出なくなると松枯れにかかりやすくなります。
  • ニワユタカ肥料セットがおすすめです。
  • もし松が枯れてしまったら早めに伐採しましょう。カミキリムシの温床になってしまいます。

ニワユタカ肥料セット

※庭木用ですので、鉢植え、盆栽、草花には使用しないでください。

  • この記事を書いた人
kase01

加瀬

7年ほど造園資材、清掃資材の販売に携わっています。除草剤、苔駆除剤、植木肥料、消臭剤、清掃資材などをプロ目線でご紹介します。庭園管理士の資格所持。 【詳しいプロフィールはコチラ】

© 2022 お庭きれい相談室 Powered by AFFINGER5