鶏舎・養鶏場・鶏糞の臭い消し、悪臭対策に!ニオワンダーがオススメ

鶏舎・鶏糞の臭い消し

鶏舎・鶏糞の臭い、本当イヤになりますよね。あまり臭いがキツイと近隣住民とのトラブルになるので軽視できない問題です。私も昔働いていた職場の近くに鶏舎があったのですが、室内にいてもいや~な臭いがしたのをよく覚えています。また、臭いに釣られてハエが集まってくるから本当につらい!ハエがすごいので事務所では弁当が食べられませんでした。

そんな生産者を悩ませる鶏糞の臭い問題ですが、今回はオススメの臭い消しをご紹介します。

鶏舎・鶏糞の悪臭対策にニオワンダー!

鶏舎・鶏糞の臭い消しにニオワンダー

鶏舎・鶏糞の悪臭にはニオワンダーがオススメです!ニオワンダーは酵素菌(バイオ)のチカラで悪臭発生菌の増殖を抑え、悪臭を予防します。

鶏だけでなく、牛、豚、馬、さらに臭いがキツイとされるキツネの悪臭対策にも使用されています(北海道きつね村などでも活躍しています)。畜舎はもちろん、ペットショップやブリーダー宅でも臭い消しに使われています。

       

ニオワンダーがオススメな理由

ニオワンダーの効果

消臭効果がすごい!

ニオワンダーの一番の目玉はやはり消臭効果です!薬液を散布して数日放置するだけでニオイを取り除きます。消臭効果の秘密は酵素菌!ニオワンダーはバイオ活性水のため、有用菌が悪臭原因菌の増殖を抑えてニオイを消し去ります。帯広畜産大学で行った消臭試験(上記グラフ)では、散布から1日でアンモニア臭が半減しているのがわかります。

薬品を使用していないので鶏も安全・安心!

ニオワンダーは薬品を一切使用しておりません。あくまでも酵素菌(有用菌)のチカラだけでニオイを取り除きます。帯広畜産大学にて消臭および安全性の試験を行った際に、ニオワンダーを1000倍希釈した飲料水を牛に飲ませましたが一週間経過しても影響はありませんでした。

(完全に無害ですが、酵素を濃縮したものなので目・鼻・口に入らないように注意してください。原液が服に付着するとシミになる場合があります。)

ニオワンダーの使い方(鶏舎・養鶏場)

ニオワンダーを噴霧器で散布する場合

ニオワンダーをジョウロで散布する場合

  • 臭いの原因となる糞尿を取り除きます。
  • 有色原液を2~5倍に希釈し、ジョウロや噴霧器などで全体に散布します。
  • 臭いの酷い最初のうちは2~5倍希釈で濃く撒いてください。
  • 臭いが消えたあと、予防的に散布する場合は250倍希釈で散布してください。

商品を使用した感想 みんなの声

ご利用者様
【ペットブリーダー様】★★★★★
取り寄せて使用しましたが、臭いが無くなり効果がありました。私も犬15頭いまして、他社のバクテリア等メーカーに頼まれて使用していますが、「ニオワンダー」が一番悪臭が無くなると思って使用しています。愛犬仲間に全国の本などに出して売りたいと思うぐらいです。
ご利用者様
【一般・個人様】★★★★★
昨年から「ニオワンダー」を愛用しております。もうこれ以外使えません。我が家は住宅地の中にあり、犬が大型犬のため檻の中で飼っていて、檻の下は土の上にブロックを並べただけです。糞尿がブロックの隙間から土にしみ込みヘドロ状態…悪臭を放っていました。雨の後など最悪です。ご近所にも迷惑になるほどの悪臭になっていました。

色々なメーカーの消臭液、外国のもの、高い物も安い物も試したものの効果はありませんでした。「ニオワンダー」は近くのペットショップで見つけ、値段も手ごろだし量も多いということで、きっと他のと一緒だろうと期待せず買ったのです。そしたら効果バッチリで全然臭わなくなり、さらにその効果の持続期間が長いこと長いこと。ここまで効果があるとは本当に思いませんでした。知り合いにも紹介したら大好評です。

 

より詳しくはコチラ→その他のニオワンダーご利用者様の声

まとめ

今回は鶏舎・鶏糞の臭い対策についてご紹介しました。糞尿の悪臭対策にはニオワンダーがオススメです。酵素菌(バイオ)のチカラで悪臭原因菌の発生を抑えて、臭いを予防します。牛舎、豚舎はもちろん、馬、きつね、ペットショップなどでも使用されています。また、ニオワンダーは薬品を一切使用していないため動物にも安全安心です。

臭いが酷い場合は2~3倍に希釈してしっとり濡れるぐらい噴霧器で散布します。臭いが消えたら、予防的に250倍希釈で散布してください。

鶏舎・鶏糞の臭い消しにニオワンダー