松に効く肥料は何が良い?冬の施肥(寒肥)だけで大丈夫です

松の肥料について

「松って肥料は必要なの…?」「最近元気が無いんだけど肥料はあげた方が良い…?」松はあまり肥料が必要無い樹種です。痩せた土地でも丈夫に育つため、少しの肥料でも大丈夫です。逆に肥料をあげすぎると弱ってしまうので注意しましょう。冬場(1~2月)に緩効性肥料を与えるだけで大丈夫です。




松は肥料少なめでOK

肥料は少なめでOK

松は痩せた土地でも良く育つため、肥料はあまり必要ありません。基本的に1年に1回、冬場だけで良いでしょう。逆に肥料をあげすぎると弱ってしまうので注意しましょう。花木や果樹と同じ感覚で肥料を与えないようにしてください。(盆栽はこの限りではありません)

松に肥料をあげる時期

肥料は冬場に!

松に肥料を与えるのは冬場(1~2月)に1回だけで大丈夫です。寒肥とも呼ばれます。

冬場は樹木が休眠状態になり、代謝能力が低下します。土を入れ替えたり、肥料を与えても根に負担がかかりません。また、冬場に与えた肥料成分が徐々に溶けだし、春先に土に栄養が行きわたります。

松にオススメの肥料の種類

緩効性(ゆっくりと成分が溶けだす)肥料がオススメです。

上の項目で書いた通り、冬場に与えた肥料が徐々に溶けだし、春以降に効果を発揮するからです。有機肥料(油かす、鶏糞、堆肥など)がオススメですが、未発酵の物を使うと細菌感染する恐れがあるのでしっかり発酵の済んだ物を選んでください。もちろん緩効性の化成肥料でも大丈夫です。(グリーンパイルなど)

反対に、液肥の使用は避けてください。冬場は休眠しているため栄養分を吸収しにくくなります。液肥は吸収されずに流れてしまうので冬場の施肥には向いていません。

肥料のあげかた

肥料のあげ方

樹木の周辺にただ肥料を撒けば良いというわけではありません。木は根の先端から栄養を吸収します。根の先端を意識して施肥しましょう。根は土中に埋まっていて確認できないので、樹冠(枝葉の茂っている部分)を目安にして肥料を撒きます。根は樹冠と同じぐらいまで伸びるので、樹冠に沿って真下に肥料を埋めればOKです。

深さ20~30cmの穴を掘り、そこに肥料を埋めてください。最後に元通り土を被せればOKです。ただし、深く掘り過ぎて根に直接肥料が触れないように注意してください。肥料が直接触れると刺激が強すぎるでのかえって逆効果になってしまいます。

松の元気が無い場合は

松の黄化

「松の元気が無い…」「葉が黄色くなっている…」「葉の先っぽが萎れている…」松の元気が無くなる原因は様々です。そして肥料をあげれば必ずしも樹勢が回復するわけではありません。

【松の元気が無くなる原因】

  • 病気
  • 害虫(ハダニ、カミキリムシ、アブラムシなど)
  • 深植え
  • 水不足
  • 肥料不足
  • 肥料のやりすぎ
  • 剪定が深すぎる
  • 野焼きによる煙、排気ガスの影響
  • 農薬の使用法の間違い
  • 除草剤の撒きすぎ
  • 表土の踏み固めによる酸欠
  • 土の酸度があっていない
  • マツノザイセンチュウ(松枯れ)

原因に合った対処法をしなければなりませんが、素人が上記を見分けるのは難しいです。最も簡単に健康を維持する方法は活力を高めること(元気な状態を保っておくこと)です。免疫力が高まり、病気、害虫(粘度の高い松ヤニを出して害虫を追い払います)、環境変化に強くなります。

松の樹勢回復にはツチトコセットがオススメ

ツチトコセット

松の樹勢回復にはツチトコセットがオススメです。ツチトコセットは2種類の肥料がセットになっていて、併用することで樹勢回復に優れた効果を発揮します!「松の元気が無い」「葉色が悪い」「葉が萎びている」「樹全体に勢いがない」という場合に効果的です。

なぜ樹勢が回復するの?

ツチトコセットは樹木の欠乏しやすい微量要素を配合した特殊肥料です。微量要素は1つでも欠けると不調を来します(人間もお米だけでなく、野菜、魚、肉とバランス良く食べる必要がありますよね)。一般的な肥料のほとんどはチッソ、カリ、リン酸がメインになっていますが(人間で言うところのご飯です)、ツチトコセットは7種の必須ミネラル栄養素(モリブデン、鉄、亜鉛、マグネシウム、マンガン、ホウ素、ケイ酸)を中心に配合しています。

欠乏しやすい微量要素を与えることで保水性、耐病害虫性、肥料成分を吸収するチカラを高めます。

ツチトコセットの使用事例

ツチトコセットで実際に樹勢を回復した例をご紹介します。

五葉松の樹勢回復

五葉松の樹勢回復

土壌がアルカリ性に偏り、五葉松の元気が無くなっていましたがツチトコセットを与えたところ樹勢が回復しました。松は酸性土壌を好むのですが、ツチトコセットで土壌が中性~酸性に変化しました。

ホルトの木 樹勢回復

ホルトの木 樹勢回復

除草剤の撒きすぎ、微量要素欠乏(ホウ素、マグネシウム)により元気が無くなっていましたが、ツチトコセットを使用したことで樹勢が回復しツヤツヤした葉が増えました。コチラは高木用セットを使っています。

津田の松原 樹勢回復

津田の松原

香川県の有名な景勝地、津田の松原でも微量要素モリブデンが使われています。樹齢600年を超える古木の松のメンテナンスにも使用され、樹勢が回復しました。コチラは高木用セットを使っています。

松の樹勢回復

松の樹勢回復

害虫被害により元気が無くなっていた松ですが、微量要素モリブデンの効果により樹勢が回復しました。コチラは高木用セットを使っています。

リュウキュウマツの健康維持に

リュウキュウマツ

宜野湾市嘉数(かかず)小学校のリュウキュウマツ(シンボルツリー)の健康維持にも、微量要素モリブデンが使用されています。コチラは高木用セットを使っています。

まとめ

  • 松は基本的にあまり肥料を必要としない樹種です。肥料は少なめで大丈夫です。
  • 肥料をあげる時期は冬(1~2月)に1回だけでOKです。
  • 有機肥料(油かす、鶏糞、堆肥など)がオススメです。
  • 肥料は樹冠に沿ってその下に埋めるようにしましょう。
  • 松の元気が無い場合は、無暗に肥料を与えても逆効果になります。
  • 樹勢回復にはツチトコセットがオススメです。

ツチトコセット