サルスベリ(百日紅)のオススメ肥料を教えて!施肥の時期はいつごろ?

サルスベリ おすすめ肥料

サルスベリは夏から秋にかけて咲く、日本の代表的な庭木です。育てるのが簡単な樹種ですが、毎年肥料をあげないと花が咲かなくなるので注意しましょう。花を咲かせるには沢山のエネルギーが必要になるため、肥料をあげないと体力不足になってしまいます。今回はサルスベリのオススメ肥料、施肥の時期についてご紹介します。

※庭植えサルスベリの解説になります。鉢植えについては解説していませんのでご注意ください。




サルスベリの年間作業カレンダー

サルスベリ年間作業カレンダー

サルスベリの年間作業をまとめました。関東地方以西基準になります。寒冷地はこの限りではありません。また鉢植えもこの限りではありませんのでご注意ください。

肥料を与える時期

肥料を与える時期

1月

寒肥(かんごえ)の季節です。1年の成長を決める大事な肥料なので忘れずに与えましょう。冬は樹が休眠期に入るため、肥料焼けしにくいですし、春先までに分解されて栄養が行きわたります。

この時期は有機肥料がオススメです。ゆっくり溶けだすので根を傷めにくいです。油かすと骨粉を8:2で混ぜた物が良いでしょう。用意できない場合は緩効性(ゆっくり溶けだす)化成肥料でも大丈夫です。N-P-Kの割合が8-8-8の物が使いやすいです。

2月

1月に肥料を施していない場合は、上記の通り作業をしてください。既に与えている場合は不要です。

9月

お礼肥の季節です。咲いてくれた花に感謝の意味を込めて施肥することからお礼肥と呼ばれています。樹が花を咲かせるには沢山のエネルギーを使います。体力が落ちているので、肥料をあげて疲労回復させてあげましょう。

コチラも有機肥料が無難で使いやすいです。寒肥と同じく油かすと骨粉を8:2で混ぜた物を使いましょう。素早い疲労回復が目的なので化成肥料や液肥を利用するのもアリです。「有機肥料<化成肥料<液肥」の順番で吸収が早いです。

肥料の種類

肥料の種類

  • 有機肥料:油かす、骨粉を8:2で混ぜた物。必ず発酵済みの物を選ぶこと。
  • 化成肥料:N-P-Kの成分が8-8-8の物が使いやすくオススメ。

基本的に有機肥料がオススメです。自然由来なので植物に優しいですし、ゆっくりと溶けだすので肥料焼けもしにくいです。油かすと骨粉8:2で混ぜた物が最もスタンダードで使いやすいです。他の庭木にもこのまま使い回せるのでオススメです。ただし、必ず発酵済みの物を選んでください。未発酵の物は臭いがキツいですし、虫も集まってきます。雑菌も多いので根が感染症になる恐れがあります。

化成肥料は人工的に成分調整された肥料です。臭いが薄く、早く溶けるのが特徴です。寒肥には向きませんが、お礼肥のような素早く栄養補給させたい場合には良いでしょう。ただし、肥料分が強く、溶けるのも早いため、使い方を間違えると肥料焼けすることがあります。与えすぎには注意しましょう。N-P-K(チッソ、リン酸、カリ)の成分が8-8-8の物が使いやすくオススメです。

冬の施肥の目安

  • 有機肥料なら1平方メートルあたり1リットル
  • 化成肥料なら1平方メートルあたり50g

(肥料の成分により異なりますのであくまで目安にしてください。)

秋の施肥の目安

  • 有機肥料なら1平方メートル0.5リットル
  • 化成肥料なら1平方メートル25g

(肥料の成分により異なりますのであくまで目安にしてください。)

花が咲かない、樹が弱っている

ツチトコセット

「花が咲かない…」「樹が弱っている…」そんな場合にはツチトコセットが効果的です。樹木に必要不可欠な栄養素7種類をバランス良く配合しており、体調を総合的に整えます。

勘違いされがちですが、弱っている樹に肥料を施すのはあまり効果的ではありません。肥料は樹木にとってご飯のような物ですから、弱っている樹に肥料を与えるのは「病人に高カロリーな食事を出す」のと同じです。逆効果になり、さらに弱ってしまうこともあるので注意しましょう。樹勢を回復させるには環境改善、土壌改良、活力剤を与えるなどが効果的です。

ツチトコセットは不足しがちな必須栄養素7種類(モリブデン、鉄、亜鉛、マグネシウム、マンガン、ホウ素、ケイ酸)を配合しており、栄養バランスを整えることで活力剤のような効果を発揮します。水を吸い上げるチカラ、肥料を吸収するチカラをアップさせ「花芽増加」「樹勢回復」に繋げます。

(※庭木用ですので、鉢植えには使用しないでください。)

肥料のやり方

肥料のやり方

肥料は画像の赤い場所に10cmほどの穴を掘って土に混ぜて埋めると効果的です。肥料は根の先端から最も効率良く吸収されるのですが、根の先端は樹冠(葉の茂っている部分)と同じぐらいまで広がります。つまり、樹冠に沿って、その下を掘って肥料を埋めれば良いわけです。

また、肥料はただパラパラと撒くよりも埋めた方が効果的です。表面に撒くと根が上がってきて浅くなってしまいます。また一か所にかためて埋めるとその部分に根が偏るので、全方位にバランス良く分散して埋めましょう。

まとめ

  • サルスベリが花を咲かせるには沢山のエネルギーが必要になります。
  • 肥料を施さないと体力が無くなり、花が咲かなくなるので注意しましょう。
  • 1~2月には必ず寒肥を施しましょう。有機肥料がオススメです。
  • 9月にはお礼肥を施しましょう。有機肥料でも化成肥料でもどちらでも大丈夫です。
  • 「花が咲かない…」「樹が弱っている…」そんな場合にはツチトコセットがオススメです。

ツチトコセット

(※庭木用ですので、鉢植えには使用しないでください。)