強剪定で植木が枯れそう!復活させるにはどうすればいいの?

強剪定で植木が枯れそう

「樹が大きくて邪魔だから強剪定してしまった…」「小さくしたいので切り詰めてしまった…」「お隣さんから枝を注意されたので深く切ってしまった…」樹が大きく育つと困るので、強剪定したくなる気持ちよくわかります。しかし、強剪定は樹に大きなダメージを与えるので時期を間違うと枯れてしまうこともあります。今回は正しい剪定時期と、その後のケア方法をご紹介します。




正しい剪定の時期

剪定は樹種によって適期が異なります。冬に行った方が良い物ものあれば、春以降が良い物など様々です。今回は樹種ごとにご紹介します。

落葉樹の強剪定

落葉樹の強剪定

【代表的な落葉樹】

  • イチョウ
  • モミジなど

落葉樹は名前の通り、秋の終わりに葉が落ちて、春になると新しい葉が付く樹木を指します。剪定シーズンは葉が落ちて休眠状態になる冬です。逆に夏は新しい葉を沢山出して疲労状態になっているので剪定は控えましょう。葉を落としてしまうと幹や根が直射日光に晒されて弱ってしまいます。

常緑広葉樹の強剪定

常緑広葉樹の強剪定

【代表的な常緑広葉樹】

  • サザンカ
  • シャクナゲ
  • ツツジ
  • ツバキ
  • ヒイラギ
  • キンモクセイ
  • オリーブなど

常緑広葉樹は名前の通り、1年中広葉(平べったい大きい葉)を付けている樹木を指します。常緑広葉樹には休眠期というものがありませんから、冬場に剪定すると寒さで弱ってしまいます。常緑広葉樹は春以降の剪定がオススメです。花を付ける樹種の場合は花後が良いでしょう(夏以降は花芽ができるので、剪定時に花芽を落としてしまうと翌年に花が咲かなくなります。花後の剪定が適期です)。コチラも夏場の剪定は避けましょう。

常緑針葉樹の強剪定

常緑針葉樹の強剪定

【代表的な常緑針葉樹】

  • マツ
  • スギ
  • コニファーなど

常緑針葉樹は名前の通り、1年中針葉(細い葉)を付けている樹木を指します。「松のような樹」と言えばイメージしやすいと思います。針葉樹は樹種によって適期が異なるため、ひとまとめにはできません。また、強剪定の影響を受けやすく、他の樹木より枯れやすいので注意が必要です。どうしても切り詰めたいのであれば、毎年少しずつ小さくするのが良いでしょう。

夏の強剪定は絶対にやめて!

夏場の剪定は控える

どんな樹種でも夏場の強剪定は厳禁です。夏場は葉が沢山生えるため、邪魔に感じて切り落としてしまう方が大勢いらっしゃいますが絶対にやめてください。新梢の徒長枝を落とすぐらいにしておいてください。

春~夏は新しい葉を出したり、花を咲かせたりで樹木は体力を使い切っています。新緑で日陰を作り、夏の日差しから身を守っているのに葉を落としてしまったら消耗するばかりです。葉が無いと土も乾燥しますし、幹も焼けてしまいます。できたての葉も焼けてしまうので中々回復できません。

もし夏場に強剪定してしまったら、とにかく日差しから樹を守りましょう。遮光ネットを張るなどして半日陰になるように調整するのが望ましいです。土が乾いたら小まめに水やりするのも忘れずに。

強剪定で弱ってしまった場合の対処法

肥料は逆効果なので注意!

弱ってる時の肥料は控える

弱った樹に肥料をあげようとうする方をよく見かけますが、逆効果なのでやめましょう。肥料は樹木にとってご飯やパンのようなものです。「病人に高カロリーな食事を出す」のをイメージしてもらえればわかりやすいと思います。最悪の場合肥料焼けを起こしてさらに弱ってしまうので避けましょう。

剪定を避け、活力剤を与えて様子を見るのが最も効果的です。夏場の強い日差しがあるようなら遮光ネットを張るなどして半日陰を作るのも良いでしょう。

オススメ活力剤

ツチトコセット

弱ってしまった植木にはツチトコセットがオススメです。活力剤、特殊肥料のセットになっており、樹木に必要不可欠な栄養素7種を配合しています。樹木の栄養バランスを総合的に整えて樹勢を回復します。

市販肥料のほとんどはN-P-K(チッソ、リン酸、カリ)に栄養が偏っています。これらは植物にとってご飯やパンのような物であり、主食ではありますがこればっかり与えていると栄養が偏り生育不良になっていしまいます。ツチトコセットは植物に欠かせない必須栄養素7種(モリブデン、鉄、亜鉛、マグネシウム、マンガン、ホウ素、ケイ酸)を配合しているので、栄養バランスを整えると共に、水を吸い上げるチカラ、肥料を吸収するチカラを向上させて樹勢を回復させます。

(※庭木用ですので鉢植えには使用しないでください。)

ツチトコセット使用事例

五葉松

五葉松の回復事例

五葉松の回復事例です。弱って葉色が悪くなっていましたが、活力剤セットを与えたところ樹勢が回復して鮮やかな緑色に戻りました。

ホルトの木

ホルトの木

お寺のシンボルツリー、ホルトの木の回復事例です。当初は除草剤の撒きすぎによる影響と思われていましたが、葉の成分分析を行ったところ微量要素(ホウ素、マグネシウム)が欠乏していることがわかりました。活力剤セットを与えたところ、葉が増えて色ツヤも良くなり、樹勢が回復しました。

松の樹勢回復

松の樹勢回復

お寺の松の回復事例です。害虫被害により葉が黄色くなってしまいましたが、殺虫剤を散布して活力剤を投与したところ樹勢が回復しました。

まとめ

  • 強剪定をするなら時期が重要です。間違えると樹が弱ってしまうので注意しましょう。
  • 落葉樹なら葉が落ちる冬がオススメです。
  • 常緑広葉樹は春以降(花の後)がオススメです。
  • 常緑針葉樹は樹種により適期が異なるうえに、どれも繊細なので十分注意して作業してください。
  • どの樹種でも夏の強剪定は避けましょう。強い日差しですぐに弱ってしまいます。
  • 強剪定で樹が弱ってしまったら、活力剤ツチトコセットがオススメです。

ツチトコセット