庭木の寒肥のやり方を徹底解説!肥料は油かすがオススメ!

寒肥のやり方

寒肥(かんごえ)は名前の通り冬に撒く肥料のことです。実は冬場の肥料はとっても重要!一年間の樹木の成長を左右するといっても過言ではありません。特に栄養を多く必要とする花木、果樹には必ず寒肥をあげましょう!




寒肥とは?

寒肥とは?

12~2月に肥料を施すことを寒肥と言います。読み方は「かんごえ」です。樹木は冬になると活動を止め休眠状態に入ります。休眠状態の樹木は外部からの影響を受けにくくなるため、この時期に土の入れ替えや施肥を行うと良いとされています。

また、春になると根が動き出して栄養を吸収し花を咲かせます。花を咲かせるには沢山の栄養分が必要になるため、寒いうちから肥料を撒いて地中に浸透させておくのです。

寒肥をやる前に

寒肥は樹種によって必要なものと、そうでない物があります。

寒肥が必要な樹種

寒肥が必要な樹種

  • 植えたばかりの苗木
  • 花木(ハナミズキなど)
  • 果樹(、リンゴ、ミカンなど)

寒肥が必要な樹種は大きく分けて3つです。「苗木」「花木」「果樹」です。特に苗木は成長を促すために多くの肥料が必要になります。どんな樹種でも苗木のうちはしっかりと肥料を与えましょう。

「花木」「果樹」は花や実を付けるために沢山のエネルギーを必要とします。寒肥を施さないと花や実が付きにくくなるので必ず作業しておいてください。

寒肥をあまり必要としない樹種

寒肥のいらない樹種

  • マツ
  • イチョウ
  • ヤナギ
  • カエデ(紅葉)
  • ポプラなど

花や実を付けない樹種や、大きく育った成木はあまり肥料を必要としません。これらの樹種は基本的に肥料を施さなくても大丈夫です。(「葉色が薄い」「葉が黄色くなっている」という場合は栄養不足なので肥料を施しましょう)

マツ類は肥沃な土地よりも痩せた土の方が幹や枝が締まってよく伸び、自然に近い風情になります。そのため肥料は不要です。街路樹に使われるような樹種(イチョウ、ポプラなど)は根張りが良く乾燥に強いため基本的に肥料は不要です。

寒肥を施す時期

寒肥を施す時期

  • 12~2月(土が凍っていない時期)

寒肥は樹が休眠状態に入る冬に施しましょう。ただし、土が凍ると作業ができないので厳寒期は避けましょう。地域によって厳寒期は異なります、12~2月の間に作業しておきましょう。

2月末~3月初めになると根が動き出します。暖かくなる前に作業をしておきましょう。

肥料のやり方

肥料のやり方

肥料は画像の赤い部分を目安に、10~20cmほど穴を掘って土と混ぜて埋めましょう。肥料は根の先端(細根)から最も効率的に吸収されます。根の先端は樹冠(葉の茂っている部分)と同じ大きさまで成長するので、葉を目安に真下に穴を掘ると良いでしょう。間違えやすいのですが、幹の近くはあまり効果が無いので撒かないようにしてください。

地表にパラパラと肥料を撒くと、肥料分が雨で流れやすくなってしまいますし、栄養を求めて根が地表に集まってしまう(根が浅くなってしまう)ので控えましょう。10~20cmほど掘って土と混ぜて埋めてください。作業後に水を撒くと土と馴染みます。

寒肥おすすめ肥料

寒肥おすすめ肥料

有機肥料が良い

  • 油かす、骨粉を7:3で混ぜた物【オススメ】
  • 有機肥料を固形にしたもの(ペレットなど)

寒肥には有機肥料がオススメです。有機肥料とは自然由来の物を指します(牛糞、鶏糞、油かす、骨粉など)。反対に人工的に成分調整されたものを化成肥料といいます。有機肥料は自然由来なので植物に優しく、土にゆっくりと溶けだすので肥料焼けの心配がありません。

中でも油かす、骨粉を7:3で混ぜた物が特にオススメです。これ1つでどんな庭木にも使える万能肥料になります。油かすにはチッソ(葉を元気に育てる栄養)が多く、骨粉にはカリ(花や実をを育てる栄養)が多く含まれています。果樹も甘く育つのでオススメです。自分で混ぜるのが面倒な場合は有機肥料を固形にしたもの(ペレット状)が良いでしょう。

鉢植えに寒肥を施す場合は、粉状のまま与えないでください。粉状のまま与えると分解が早く、土の肥料濃度が上がって肥料焼けしてしまいます(庭植えの場合は土が多いため、この心配はありません)。粉状の物を水で練って団子にするか、最初からペレット状になっている肥料を買ってきて置き肥えしましょう(肥料を土の上にぽんと置くこと。少しずつ肥料分が溶けだします)。

化成肥料は使わない

基本的に寒肥には化成肥料は使わないでください。化成肥料は人工調整されているので成分が強く、溶けるのも早いです。冬に与えると根を傷める恐れがあります。化成肥料はお礼肥えのような素早く栄養補給させたい場合に使いましょう。

【関連】お礼肥えの正しいやり方

合わせて使うと効果的な活力剤

ツチトコセット

「肥料効果を高めたい」「弱った樹を回復させたい」「花芽を増やしたい」という場合にはツチトコセットがオススメです。

ツチトコセットにはモリブデンを中心に7種類の微量要素を配合しており、肥料を吸収するチカラを向上させて樹木を活性化させます。特に、チッソ肥料(油かすの主成分)を定着させる効果が高いです。有機肥料と一緒に施すことで素晴らしい相乗効果を発揮します。

(※庭木用なので鉢植えには使用しないでください。)

使用事例:五葉松

五葉松の樹勢回復

五葉松への使用事例です。葉色が悪く元気が無かったのですが、ツチトコセット施工後は綺麗な緑色になりました。

使用事例:ホルトの木

ホルトの木

ホルトの木の使用事例です。葉色が悪く、葉の数も減っていたため成分分析をしたところ微量要素が欠乏していました。ツチトコセット使用後に元気になり、葉が青々と茂るようになりました。

使用事例:松

松の使用事例

松の使用事例です。害虫被害により元気が無くなっていましたが、殺虫剤と一緒にツチトコセットを施したところ樹勢が回復しました。

使用事例:ホウオウボク

ホウオウボクの使用事例

ホウオウボクの使用事例です。10年間花が咲かなかったのですが、ツチトコセットを施したところ半年で花芽が付き始め1年後には沢山の花が咲きました。

使用事例:クチナシ

クチナシの使用事例

クチナシの使用事例です。ツチトコセットを施したところ花芽が増加し、花が沢山付きました。

まとめ

  • 寒肥は1年の成長を左右する大事な肥料です。
  • 「苗木」「花木」「果樹」には寒肥を施しましょう。
  • 「街路樹に使われる樹種」「マツ」には寒肥を与えなくても大丈夫です。
  • 寒肥は冬の12~2月に施しましょう。
  • 有機肥料(油かす、骨粉を7:3で混ぜたもの)がオススメです。
  • 化成肥料は根を傷めやすいので使用しないでください。
  • 活力剤ツチトコセットを併用するとより効果的です。

ツチトコセット

(※庭木用なので鉢植えには使用しないでください。)